[新製品・サービス]

さくらインターネット、大量・高性能な計算資源を提供する機械学習向けGPUサービスを提供

2016年9月1日(木)IT Leaders編集部

さくらインターネットは2016年8月31日、大きな計算資源を優れた費用対効果で利用できる「高火力コンピューティング」のラインアップとして、機械学習などに適した「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」を発表した。9月30日に提供を開始する。

 「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」は、クラウドサービスのような手軽さで高性能な物理サーバーを利用できる「さくらの専用サーバ」の基盤を活用し、計算資源用に最適化している。従来のクラウドサービスやオンプレミス環境では対応が難しかった、大量かつ高性能な計算資源を必要とする「高火力コンピューティング」の分野に対応可能だ。

 米NVIDIAのTesla M40(12GB)を搭載した「Teslaモデル」と、より費用対効果に優れた「Quad GPUモデル」を用意している。いずれも拡張性に優れ、メモリーは最大1TB、ストレージは最大8台(標準2台+6台)まで増設できる。

 初期費用について、一括・分割払いの2通りのプランを用意している。短期利用や、月額コストを抑えたい場合は一括払いを、サービス導入時の初期コストを抑えたい場合は分割払いを選択可能だ。

 さくらの専用サーバ 高火力シリーズの価格は、Teslaモデルの初期費用が79万5000円(税別、以下同様。分割:月額6万6250円×12回)で、月額費用は9万5000円。Quad GPUモデルの初期費用は73万5000円(分割:月額6万1250円×12回)で、月額費用は8万5000円になる。

関連記事

さくらインターネット、大量・高性能な計算資源を提供する機械学習向けGPUサービスを提供さくらインターネットは2016年8月31日、大きな計算資源を優れた費用対効果で利用できる「高火力コンピューティング」のラインアップとして、機械学習などに適した「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」を発表した。9月30日に提供を開始する。

PAGE TOP