[新製品・サービス]

日本ヒューレット・パッカード、Deep Learning特化型サーバーを発売

2016年9月12日(月)IT Leaders編集部

日本ヒューレット・パッカードは2016年9月9日、Deep Learning(深層学習)特化型サーバー「HPE Apollo 6500 System」を発売したと発表した。1サーバー当りGPUを最大8枚搭載可能で、ワークロードに最適化している。

 「HPE Apollo 6500 System」は、専用4Uシャーシに8GPU搭載サーバーを2台搭載可能なマルチノードサーバーで、Deep Learning(深層学習)アプリケーション向けに設計している。Deep Learningによるレコメンデーションアルゴリズムや検索技術、音声認識といった処理をより高速かつ効率的に実行できるようになる。

 「NVIDIA Tesla Accelerated Computing Platform」などのGPUコンピューティング基盤と併せて使用すれば、さまざまなDeep Learningツールを利用する際にGPUの処理能力を効率化できる。Caffe、CUDA、Torch、Theano、Tensorflow、NVIDIA Deep Learning SDK、および米Hewlett Packard EnterpriseのCognitive Computing ToolkitといったDeep Learningコンピューティング基盤とAPI(Application Programming Interface)モデルに対応している。

 2Uサーバー「HPE ProLiant XL270d Gen9」も発表した。1サーバー当り、インテルXeonプロセッサーE5-2600 v4製品ファミリーを最大2基、GPUを最大8枚、メモリーは最大1TB(16DIMMスロット)搭載できる。

 HPE Apollo 6500 Systemの価格は、289万6000円(税別)からになる。

 併せて、「ディープラーニング環境構築サービス」も同時に正式発表した。NVIDIA GPUを搭載したHPE製サーバー上にDeep Learningフレームワーク「TensorFlow」を導入し、高速機械学習環境を構築して提供するものだ。FinTech、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)、マーケティング分野をはじめ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)、特にDeep Learningを活用したいユーザーを支援する。

関連記事

日本ヒューレット・パッカード、Deep Learning特化型サーバーを発売日本ヒューレット・パッカードは2016年9月9日、Deep Learning(深層学習)特化型サーバー「HPE Apollo 6500 System」を発売したと発表した。1サーバー当りGPUを最大8枚搭載可能で、ワークロードに最適化している。

PAGE TOP