[新製品・サービス]

ISIDとロームなど、作業車の屋内位置や稼働状況を可視化できるIoT製品を開発

2016年10月5日(水)IT Leaders編集部

電通国際情報サービス(ISID)、ローム、ロームグループのラピスセミコンダクタの3社は2016年10月4日、共同開発中のIoT(Internet of Things)インフラ「SynapSensor(シナプセンサー)」を用いて、屋内で稼働する作業車の位置や稼働状況などをリアルタイムで可視化するシステムのプロトタイプを発表した。

 「SynapSensor」は、BLE(Bluetooth Low Energy)と920MHz帯無線通信を用いて、安定した通信のもとで消費電力の少ない大規模センサーネットワークの構築を可能にするIoT(Internet of Things)インフラである。ISID、ローム、ラピスセミコンダクタが共同開発し、2016年度中の製品化を目指しているという。

 屋内で稼働する多数の作業車の位置情報をリアルタイムで取得できる。さまざまなセンサーデータも同時に収集できるため、周囲の温湿度や受けた衝撃回数、現在誰が運転しているかといった稼働状況を併せて可視化することが可能になる。これにより、現場作業やメンテナンスの効率化、車両の最適配置につなげられる。

 センサーデータを非接続(Bluetoothペアリング不要)で、位置情報とともにクラウドに格納できる。センサーデータを集約するネットワークの構築に920MHz帯無線通信を利用することによって、ほかの一般的な無線ネットワークと比較して安定した通信のもとで、消費電力の少ないセンサーネットワークを構築できる。広範囲からデータを集められるため、設置機器数と通信コストの低減も可能だ。

 ロームグループでは2016年度中にSynapSensorユニット(ハードウェア)の製品化を計画しており、ISIDは同IoTインフラを活用した各種サービスアプリケーションを開発しているという。

関連記事

ISIDとロームなど、作業車の屋内位置や稼働状況を可視化できるIoT製品を開発電通国際情報サービス(ISID)、ローム、ロームグループのラピスセミコンダクタの3社は2016年10月4日、共同開発中のIoT(Internet of Things)インフラ「SynapSensor(シナプセンサー)」を用いて、屋内で稼働する作業車の位置や稼働状況などをリアルタイムで可視化するシステムのプロトタイプを発表した。

PAGE TOP