[新製品・サービス]

電子帳票製品にAI技術を適用しシステム運用コストの軽減を支援─日立ソリューションズ

2016年10月13日(木)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは2016年10月12日、電子帳票システム「活文 Report Manager」を中心とした電子帳票製品にAI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を適用したと発表した。2017年1月31日から提供を開始する。機械学習を利用して、電子帳簿保存法に対応した業務効率の向上を支援する。

 発表したAI(Artificial Intelligence:人工知能)技術は、スキャンした紙帳票のフォーマットやデータの記載位置を学習し、必要なデータを自動抽出する。これにより、データの入力作業の軽減や、紙帳票の種類が増えるたびに発生するフォーマット定義の設定作業が不要になる。

 同AI技術は、スキャンした紙帳票のフォーマット、合計や品番などの項目と数値の記載場所を解釈し、必要なデータ候補の一覧を可能性が高い順序で画面に表示する。利用者から指定された結果を学習すると、次回からは適切なデータを抽出する。

 利用者は、紙をスキャンすることで必要なデータを活用できるため、入力負担を軽減できる。帳票ごとにフォーマットを定義する作業が不要になるので、システムの運用コストの軽減も図れる。

 併せて、「活文 Report Manager」にスキャンした紙帳票の保管機能を追加し、電子帳票と紙帳票の一元管理を可能にする。

 価格は、個別見積となる。

関連記事

電子帳票製品にAI技術を適用しシステム運用コストの軽減を支援─日立ソリューションズ日立ソリューションズは2016年10月12日、電子帳票システム「活文 Report Manager」を中心とした電子帳票製品にAI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を適用したと発表した。2017年1月31日から提供を開始する。機械学習を利用して、電子帳簿保存法に対応した業務効率の向上を支援する。

PAGE TOP