[新製品・サービス]

CTC、エンドポイントの脅威を可視化する米Taniumのセキュリティ管理基盤を提供

2016年10月14日(金)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年10月13日、セキュリティ管理製品を手がける米Taniumの、PCやサーバーなどのエンドポイントの端末を素早くリアルタイムに可視化するセキュリティ管理基盤である「Tanium Endpoint Platform」の提供を開始した。

 「Tanium Endpoint Platform」は、Tanium独自の情報伝達の方式により、エンドポイントの迅速な可視化と管理を可能にする。数十万~数百万台のエンドポイントを接続するネットワークでも、すべてのエンドポイントについてパッチ適用状況やソフトウェアのバージョン、不正なプロセスの起動など、過去から現在にわたる稼働状態を15秒(CTC発表)以内に把握し、可視化できる。マルウェア感染が疑われる場合にも、ほかの端末に同様の被害がないかを確認して影響範囲を特定し、セキュリティパッチの適用や不正プロセスの強制終了、感染端末の隔離などの対応をリモートで行える。

 保護された領域内でプログラムを動作させて外部への影響を調べるセキュリティ対策であるサンドボックスと連携することで、悪意ある未知のマルウェアの挙動情報から、全エンドポイントに対してマルウェア感染の有無を調査することも可能だ。

 CTCは、米Taniumと販売代理店契約を締結し、大手企業や金融機関を中心に3年間で3億円の売上を目標にする。

 同社は、セキュリティに関する調査・コンサルティングからセキュリティ対策の導入、運用・保守サポートまで総合的なセキュリティサービスを提供しており、今後はTanium Endpoint Platformとほかの製品との連携も検討していくとしている。

関連記事

CTC、エンドポイントの脅威を可視化する米Taniumのセキュリティ管理基盤を提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年10月13日、セキュリティ管理製品を手がける米Taniumの、PCやサーバーなどのエンドポイントの端末を素早くリアルタイムに可視化するセキュリティ管理基盤である「Tanium Endpoint Platform」の提供を開始した。

PAGE TOP