[新製品・サービス]

日立、国内外拠点間での設計業務の効率を向上するクラウドサービスを発売

2016年10月19日(水)IT Leaders編集部

日立製作所は2016年10月18日、グローバルに事業展開する製造業を対象に、「クラウド型設計業務支援サービス」を発表した。国内外の拠点間における設計業務の効率向上を支援する。

 「クラウド型設計業務支援サービス」は、国内外の複数の拠点や社外のサプライヤーと安全かつ迅速にデータを共有可能にし、設計プロセスや品質の統一・向上、システムの構築・運用・保守コストの削減など、設計業務の効率向上を支援する。工業製品の設計業務に関連するさまざまなデータを集約し一元管理できる「設計業務ナビゲーター」と、設計データの処理に求められる高性能なクライアント環境をVDI(Virtual Desktop Infrastructure)上で利用できる「3D-VDIサービス」を、クラウドサービスとして提供する。

 設計業務ナビゲーターでは、製品仕様書や図面、設計プロセスやプロジェクト進捗などのデータをクラウド上に集約・一元管理し、画面上に表示できる。これにより、迅速なデータ共有が可能になるほか、設計プロジェクトの関係者全員が同じ設計プロセスに基づいて業務を進められるため、作業の手戻りや設計不良を防止できる。また、熟練設計者の知識や技術をメモとして残せるため、国内拠点から設計業務を移管された海外の若手設計者や新入社員への技能継承にも活用できる。

 3D-VDIサービスでは、GPUのソフトウェア仮想化技術を活用したVDI環境により、3次元CADやCAEなどの設計ツールをクラウド経由で利用できる。海外出張などの際にも別の拠点から時間を問わず高性能な設計システムを利用できるうえ、設計業務ナビゲーター上のデータも迅速に利用可能だ。また、クライアント環境の構築・運用・保守コストを低減できるほか、利用者による情報アクセスの可否を集中制御することで、情報漏えいのリスクを低減できる。

 日立は、製造業のバリューチェーンの全体最適化を支援するサービス群「Hitachi Total Supply Chain Management Solution」の1つとして、自動車や電気機械などグローバルに事業展開する製造業を対象に販売する。今後は、IoT(Internet of Things)基盤の「Lumada(ルマーダ)」も活用してサービス強化を推進するとしている。

 クラウド型設計業務支援サービスの提供開始時期は、設計業務ナビゲーターが2017年2月で、3D-VDIサービスが2017年3月。価格はいずれも個別見積になる。

関連記事

日立、国内外拠点間での設計業務の効率を向上するクラウドサービスを発売日立製作所は2016年10月18日、グローバルに事業展開する製造業を対象に、「クラウド型設計業務支援サービス」を発表した。国内外の拠点間における設計業務の効率向上を支援する。

PAGE TOP