[新製品・サービス]

日本マイクロソフトとラック、より安全な働き方を可能にするサービスを提供

2016年11月7日(月)IT Leaders編集部

日本マイクロソフトとラックは2016年11月2日、セキュリティリスクに対応可能にする「IDベースドセキュリティソリューション」を発表した。企業がより安全な働き方改革を確立できるように支援する。

 「IDベースドセキュリティソリューション」は、標的型攻撃などに対応した、より安全な働き方改革を確立するIDベースのセキュリティを提供するサービスだ。そのために、ラックの持つセキュリティコンサルティングおよび監視サービス「JSOC」と、米マイクロソフトが提供するID管理機能である「Active Directory」およびクラウドベースの「Azure Active Directory」を組み合わせる。

 日本マイクロソフトは、パートナー企業のクラウドビジネス立ち上げを支援する部門「PDU(Practice Development Unit)」によるビジネス開発や技術支援を行う。ラックは、日本マイクロソフトが提供するパートナープログラムであるCSP(Cloud Solution Provider)プログラムに参加し、「Microsoft Enterprise Mobility + Security(EMS)」に加え、「Office 365」などのクラウドサービスも併せて展開することで、包括的なセキュリティサービスを提供する。そのために両社は協業する。

 ラックは、日本マイクロソフトが提供するEMSを中核としたコンサルティングサービスや、JSOCによる監視・運用を代行するマネージドサービスを開発し、導入作業も含めた包括的なサービスを提供するとしている。

 両社は、Office 365などのクラウドサービスを利用中、あるいは導入やセキュリティの強化を検討中の企業に対して、セミナーなどを共同で開催するという。今後1年間で50社への導入を目標にする。

関連記事

Special

-PR-

日本マイクロソフトとラック、より安全な働き方を可能にするサービスを提供日本マイクロソフトとラックは2016年11月2日、セキュリティリスクに対応可能にする「IDベースドセキュリティソリューション」を発表した。企業がより安全な働き方改革を確立できるように支援する。

PAGE TOP