[市場動向]

まさしく「サーバー製品のショーケース」──多彩なDellサーバーの全体像をチェックする

【Dell Technologiesの研究:パート3】 サーバー製品の最新像

2016年11月11日(金)IT Leaders編集部

今やDellはIT業界で最も多くの種類、タイプのサーバーを提供しているメーカーと言っていい。中堅中小企業向けのタワー型サーバーから大手企業やデータセンター事業者向けのラックマウントサーバー、あるいは導入後すぐに使え、拡張も容易な垂直統合サーバーに至るまで、実に多彩なのだ。パート3ではDellのサーバー製品とその裏にある戦略をチェックする。

 「Dellといえばパソコン・メーカー」という印象を持つ人はさすがに減ったにせよ、「先駆的なサーバー・メーカー」というイメージも強くないだろう。だが実際には小規模企業から大企業、データセンター事業者向けまでカバレッジは広く、様々な用途に使える汎用サーバーからプライベートクラウド基盤や機械学習専用など特定用途向けサーバーまで、Dell製品のラインアップは極めて多彩だ(図1)。

図1 Dellのサーバー製品ラインナップ。さまざまな用途/規模に対応するモデルを取り揃えている

 図1にその全体像を端的にまとめた。大別すると、①中堅・中小企業(スモールビジネス)向けを主体に大企業のブランチオフィスをカバーするタワー型サーバー、②大手企業のリモートオフィス/ブランチオフィス、そしてデータセンター向けのブレード型サーバーやラックマウント型サーバー、③企業グループやデータセンター事業者向けの大規模ブレードサーバーや高集積サーバー、がある。

 さらに小規模から超大規模データセンター向けには、④コンバージドインフラ(CI)、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)と呼ばれる垂直統合サーバーもある。プロセサ、ストレージ、ネットワーク機器、仮想化ソフトウェアや管理ソフトウェアをセットにし、プロセサやストレージの拡張性を高めたITインフラだ。それぞれ存在意義はあるにせよ、全体像を把握するのが難しいほどのラインアップである。

 しかもDell Technologiesになる今後は、旧EMC傘下のVCEが提供するCI/HCI製品がラインアップに加わる。ほかにもDellは数千のプロセサノードを接続したHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)やIoTのためのシステム基盤なども製造している。さらに 有力なソフトウェア企業と提携して、新たなインフラを生み出してもいる(図2)。あたかも「サーバー製品のショーケース」、「サーバーのデパート」という表現がピタリとくるほどだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】3系統あるラックマウント型 部門から基幹サーバーまでをカバー
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

まさしく「サーバー製品のショーケース」──多彩なDellサーバーの全体像をチェックする今やDellはIT業界で最も多くの種類、タイプのサーバーを提供しているメーカーと言っていい。中堅中小企業向けのタワー型サーバーから大手企業やデータセンター事業者向けのラックマウントサーバー、あるいは導入後すぐに使え、拡張も容易な垂直統合サーバーに至るまで、実に多彩なのだ。パート3ではDellのサーバー製品とその裏にある戦略をチェックする。

PAGE TOP