[市場動向]

パートナーとの協業が生命線、Dell/EMCの統合はシナジーを生む

【Dell Technologiesの研究:パート5】 トップ2人に聞くDell日本法人の課題と展望

2016年11月11日(金)IT Leaders編集部

「PCのDellからITインフラのDellへ」、「直販のDell からパートナーの力を活用したソリューションのDellへ」――2015年8月にDell日本法人のトップに就いた平手智行代表取締役社長と松本光吉執行役員副社長兼パートナー事業本部長は、異口同音にこう語る。それは1年経った今、どこまで実現したのか。Dellにつきまとう、ある種の誤解をどう払拭するのか。2人のトップに聞いた。(聞き手はIT Leaders編集主幹:田口潤)

――平手さんはIBM、ベライゾンを経て昨年8月にデルの社長に就任しました。成長率などの点で厳しさが増すITインフラの企業に転身するきっかけは何だったのでしょうか。

代表取締役社長 平手智行 氏

平手 創業当時、CPUやメモリーといったパーツがどんどん進化しているのに、PCメーカーの製品サイクルは2年とか4年間隔でした。ユーザーが技術進化のメリットを享受するにはほど遠いと、BTOで直販するモデルを考え出した。それがDellの本質です。

 2013年にMBO(マネジメントバイアウト)により非上場にしたのも同じ考えからです。上場企業であれば株主利益を優先しなければなりませんが、ユーザーの利益と相反することも少なくない。悩んだ挙句、私財を投じて株式を買い戻したんです。彼は常々、「自分のお金や時間のすべてを、お客様のために使いたい」と話しています。7兆円近くを投じてEMCを買収したのもやはり、お客様のビジネスを支えるためにラインナップを充実させることが目的と聞きました。

図1 SWOT 分析で見るDell日本法人のポジショニング(IT Leaders 作成)

日本におけるDellは伸びしろが大きい

――実際に日本法人のトップに就任した時の印象は、どうでしたか?

平手 私自身、DellはPCメーカーという認識だったのですが、ソリューションの品揃えが充実していることに驚きました。EMCとの統合前でも、売上高に占めるPCの割合と、サーバーやストレージ、ソフトウェア、セキュリティなどエンタープライズ製品の割合は拮抗していました。日本ではこの事実が伝えられていない。それだけ伸びしろがあると感じました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】3四半期でパートナー戦略を刷新
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

パートナーとの協業が生命線、Dell/EMCの統合はシナジーを生む「PCのDellからITインフラのDellへ」、「直販のDell からパートナーの力を活用したソリューションのDellへ」――2015年8月にDell日本法人のトップに就いた平手智行代表取締役社長と松本光吉執行役員副社長兼パートナー事業本部長は、異口同音にこう語る。それは1年経った今、どこまで実現したのか。Dellにつきまとう、ある種の誤解をどう払拭するのか。2人のトップに聞いた。(聞き手はIT Leaders編集主幹:田口潤)

PAGE TOP