[新製品・サービス]

テレビ局向けのプライベートDMPを提供―HAROiD

2016年11月17日(木)IT Leaders編集部

HAROiDは2016年11月16日、視聴者の視聴体験の向上を支援する放送局向けのプライベートDMP(Data Management Platform)「HAROiD DMP」の提供を開始した。ネット対応を図るテレビ局のデジタルマーケティングや新規ビジネスモデル開発を支援する。

 「HAROiD DMP」は、各放送局ごとに構築するプライベートDMP(Data Management Platform)である。

 具体的には、HAROiDが放送局に提供する「HAROiDプラットフォーム」と「HAROiDアカウント」を通じて取得できるWebサイトのアクセスログ、テレビの行動履歴や視聴履歴、スマートフォンの動画配信アプリケーションの視聴履歴や操作履歴、放送局独自の様々なメタ情報や番組情報などを基にして、視聴者を可視化する。そして、その視聴者に対して最適なコンテンツを提供できるように支援する。

 広告配信、広告主のプライベートDMPとの連携、各種オープンDMPとの連携も予定しているという。

 HAROiDは、第1弾として静岡第一テレビに導入し、総務省IoT(Internet of Things)サービス創出支援事業の実証実験に活用するとしている。2017年春からは本格的に放送局への導入を開始する考えだ。

 HAROiD DMPの価格は、ローカル局へのトライアル導入の場合、基本料金が月額5万円(予定)からになる。

関連記事

テレビ局向けのプライベートDMPを提供―HAROiDHAROiDは2016年11月16日、視聴者の視聴体験の向上を支援する放送局向けのプライベートDMP(Data Management Platform)「HAROiD DMP」の提供を開始した。ネット対応を図るテレビ局のデジタルマーケティングや新規ビジネスモデル開発を支援する。

PAGE TOP