[インタビュー]

GEが産業IoT強化のために買収したサービスマックスの価値

2016年12月12日(月)杉田 悟(IT Leaders編集部)

2016年11月14日(米国時間)、GE(General Electric)の子会社で製造業向けIoTプラットフォーム「Predix」を提供する米GEデジタルが、米サービスマックスの買収を発表した。フィールドエンジニア向けのクラウドサービスを提供する同社のアプリケーションをPredix上で展開し、製造現場の更なる生産性向上を目指すとしている。GEデジタルがPredix強化のために買収したサービスマックスのクラウドサービスとは、どのようなものなのか。

 米サービスマックスは、セールスフォース・ドットコムのクラウド基盤Force.com上で開発された、フィールドサービス技術者向けのクラウドサービスを提供している。製造メーカーやコンピューターメーカー、医療機器のほか、運輸、通信、建築など様々な業種にあるフィールドワーカーおよび管理者が主な対象だ。

 顧客、契約、設置機器の管理から作業指示、部品管理、スケジュール管理、履歴データの分析といった管理者業務を支援する一方、モバイルアプリとして作業報告、見積もり、顧客検収、情報共有などのフィールドワーカー向け機能を提供している。

(図1)サービスマックスが提供するフィールドワーカー向けサービスの流れ
拡大画像表示

 2015年、同社は米国で有力なIoT(Internet of Things)プラットフォームベンダーとして知られるPTCのThingWorxとサービス連携し、IoTとフィールドサービスの融合に着手した。一方で、今回買収が発表されたGEのPredixとも連携している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】GEによる買収がもたらすものは
  • 1
  • 2
関連記事

Special

-PR-

GEが産業IoT強化のために買収したサービスマックスの価値2016年11月14日(米国時間)、GE(General Electric)の子会社で製造業向けIoTプラットフォーム「Predix」を提供する米GEデジタルが、米サービスマックスの買収を発表した。フィールドエンジニア向けのクラウドサービスを提供する同社のアプリケーションをPredix上で展開し、製造現場の更なる生産性向上を目指すとしている。GEデジタルがPredix強化のために買収したサービスマックスのクラウドサービスとは、どのようなものなのか。

PAGE TOP