[新製品・サービス]

Webサイトのフォームを作成・管理できるコンタクト管理サービスを提供―mixtape

2016年12月20日(火)IT Leaders編集部

mixtapeは2016年12月19日、コンタクト管理クラウドサービス「formrun」の提供を発表した。Webサイトの会員登録や各種キャンペーンの応募、製品・サービスの問い合わせなどに利用する「フォーム」を管理し、コミュニケーションに利用できるようにする。

 「formrun」では、専門知識は不要で、顧客情報を獲得するためのフォーム作成から入力された顧客情報の管理、コミュニケーションまでを一貫して行える。フォームの開発コストや導入のリードタイムを削減でき、管理画面で顧客情報を運用できる。

 あらかじめ用意されたテンプレートを選択し、テキストを入力することで、フォームを簡単に作成できる。作成したフォームにはURLを付与して、連絡先や業務依頼先などとしてSNSで共有するといった活用ができる。

 フォームに入力されたデータは、「顧客カード」として自動的にデータベース化する。住所・連絡先などのストック情報と、状況や環境に応じて変化するフロー情報に対応するため、1つの顧客情報に対して「リスト」と「ボード」画面を用意している。リストは、すべての情報をテーブル形式で表示する。ボードは、工業製品の生産管理現場で用いられる“かんばん方式”を採用しており、かんばんと見立てたステータス表示により、顧客の状況に応じた管理を可能にする。

 顧客カードからは、メールアドレス宛にformrun上で直接メールによるコミュニケーションが可能だ。メール送信キャンセルやメールの文面を雛形として作成・編集する機能などを備えている。顧客とのメール送受信の内容や履歴、顧客に関するメモ情報などを、時系列形式で「タイムライン」として表示するので、どの担当者が、どのタイミングで、どのようなコミュニケーションを行ってきたのかをチームで共有できる。

 項目ごとに求められる入力値が正しいかを即座に判定したり、郵便番号を入力することで住所を自動的に補完するといった、リアルタイムバリデーション機能を搭載している。利用者のフォームからの離脱や誤入力の低減を図れる。

 Webサイトに1行のコードを埋め込むことで、formrunによる管理が可能になる。また、formrunへ移行したいフォームのページURLを入力すると、formrun用の設定を追加したタグを自動で生成する「フォームお引っ越し機能」も搭載している。

 各種登録や請求、依頼、問い合わせなど20種類のフォームの雛形を用意している。ボードによるかんばん管理のステータス項目もプリセットしている。人事採用のエントリーフォームを使えば、採用管理システムとしても利用可能だ。

関連記事

Special

-PR-

Webサイトのフォームを作成・管理できるコンタクト管理サービスを提供―mixtapemixtapeは2016年12月19日、コンタクト管理クラウドサービス「formrun」の提供を発表した。Webサイトの会員登録や各種キャンペーンの応募、製品・サービスの問い合わせなどに利用する「フォーム」を管理し、コミュニケーションに利用できるようにする。

PAGE TOP