[新製品・サービス]

小規模から即時利用可能なビッグデータ統合・分析ツールを発売―ネットイヤーグループ

2016年12月20日(火)IT Leaders編集部

ネットイヤーグループは2016年12月19日、ビックデータの統合・分析をするためのDMP(Data Management Platform)を、小規模かつ迅速に導入、運用可能なツール「NEURON DMP」を発表した。データを活用したUXD(User eXperience Design)設計から実施までを包括的に支援する。

 「NEURON DMP」は、顧客ごとの適切なCX(Customer eXperience)を設計し、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の向上を支援する。導入から運用、施策提案・実施までを専門スタッフが一貫して支援することで、効果的なデータドリブンマーケティングを可能にする。

 トレジャーデータが提供するプライベートDMPソリューション「TREASURE DMP」を基盤に、DMPを小規模から導入したい企業を対象にネットイヤーグループが商品化した。運用しながら効果を確認でき、本格的なDMPを利用したい企業へはTREASURE DMPの切り替え導入・運用支援を販売代理として実施する。

 会員データ・行動ログ・EC購入履歴・来店履歴など、別々に保有したサービスやデバイスごとの顧客データを、1人の顧客単位で一元管理するので顧客についての理解を深められる。ユーザーIDの統合をはじめ、チャネルを横断したサービス展開やユーザー行動のデータ分析などに活用できる。

 契約後、最短3営業日で利用可能なほか、インフラの構築・メンテナンスは不要になる。クラウドサービスであるため、必要な機能は標準で用意している。マーケティングオートメーションなど、ほかのマーケティングツールとの連携も容易だ。

 NEURON DMPの価格は、システム利用料が月額10万円(契約データ量に応じて変わる。以下同様)からで、初期設定料が30万円からになる。

関連記事

Special

-PR-

小規模から即時利用可能なビッグデータ統合・分析ツールを発売―ネットイヤーグループネットイヤーグループは2016年12月19日、ビックデータの統合・分析をするためのDMP(Data Management Platform)を、小規模かつ迅速に導入、運用可能なツール「NEURON DMP」を発表した。データを活用したUXD(User eXperience Design)設計から実施までを包括的に支援する。

PAGE TOP