[事例ニュース]

スマートトイレが腸内環境改善を促進する―トップメーカーのIoT戦略

2016年12月22日(木)杉田 悟(IT Leaders編集部)

IoT(Internet of Things)は、様々な分野で活用が進んでいる。製造業であれば、製品や生産ラインの故障を前もって検知する予兆保全がポピュラーな使いかただ。コンシューマーに近い分野では、ウェアラブル端末などを使ったヘルスケアに絡んだIoT活用が目立つ。国内のあるトイレメーカーは、便器をIoT端末に見立てたヘルスケア関連のIoTサービスを構築しようとしている。製品はコンシューマーに近いものだが、IoTによる新サービス創出に挑む企業の取り組みのひとつとして参考になるはずだ。

 正式発表前のため、社名は控えさせていただくが、スマートトイレで腸内環境改善に取り組んでいるのは、便器などのトイレ製品で国内トップの住宅設備機器メーカー。それをサポートしているのがNTTコミュニケーションズの子会社であるNTTPCコミュニケーションズだ。

 NTTPCコミュニケーションズは、IoTへの取り組みを強化しており、テレマティクス、ウェアラブル、ビーコン、遠隔監視という4つの切り口でIoTに係る様々なサービスを用意、これをマイクロサービス的に組み合わせて提供している。すでに多くの企業とIoT構築に取り組んでいるが、ここに紹介するトイレメーカーは、中でももっとも尖った事例のひとつだという。

実証実験用に開発されたスマートトイレのモックアップ:右上にボードが埋め込まれているのがわかる(実際の製品は非透明)

 まず、トイレメーカーとNTTPCが考えたのが、トイレで収集できるバイタルデータ(生体情報)をNTTPCのネットワークを介してクラウド基盤に送り込み、分析するというものだ。目指すところは、「予兆保全」ならぬ「未病改善」だ。

 「未病」とは、病気とは診断されないまでも身体が不調を訴えるような、健康とはいえない状態を指す概念。病気に向かっている状態であることも多く、これを未然に検知することで、病気に罹ることを防ぐこともできると考えられる。機械における予兆保全と似た考え方だ。

 この未病、腸内環境と密接な関係があるという。腸内環境とは、腸内の細菌バランスのこと。腸内には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」がある。名前の通りで、善玉菌が勝っている状態が健康、悪玉菌が勝っている状態が病気と判断できるが、どちらに振れるかを左右するのが、善玉菌、悪玉菌よりはるかに数が多い日和見菌だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】腸内環境データを毎日収集する仕組み
  • 1
  • 2
関連記事

Special

-PR-

スマートトイレが腸内環境改善を促進する―トップメーカーのIoT戦略IoT(Internet of Things)は、様々な分野で活用が進んでいる。製造業であれば、製品や生産ラインの故障を前もって検知する予兆保全がポピュラーな使いかただ。コンシューマーに近い分野では、ウェアラブル端末などを使ったヘルスケアに絡んだIoT活用が目立つ。国内のあるトイレメーカーは、便器をIoT端末に見立てたヘルスケア関連のIoTサービスを構築しようとしている。製品はコンシューマーに近いものだが、IoTによる新サービス創出に挑む企業の取り組みのひとつとして参考になるはずだ。

PAGE TOP