[調査・レポート]

DXを中心に進む2017年国内IT市場の主要10項目―IDCジャパン

2017年1月5日(木)杉田 悟(IT Leaders編集部)

2016年は、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)にまつわる話題が特に多く報道され、関連サービスも多数出現した年だった。ビッグデータ/アナリティクスやモビリティなども含め、SoE(System of Engagement)を象徴するこれらの技術、サービス、現象は「デジタルビジネス」あるいは「デジタルトランスフォーメーション(DX)」と呼ばれ、最新のITトレンドとして広く認知された感がある。IDCジャパンは2016年12月13日に、2017年に国内IT市場を席捲するであろう主要10項目を発表した。

 IDCジャパンが発表した、2017年国内IT市場の主要10項目は表の通り。AI、IoT、DXなどデジタル時代を象徴するキーワードが目立つ一方で、新たなキーワードの登場を予見するようなものはない。2016年からのデジタル化の流れが一層加速するというのが、IDCジャパンが予測する2017年の国内IT市場だ。

(表)IDCジャパンが選んだ2017年国内IT市場の主要10項目
拡大画像表示

 まず、「第3のプラットフォーム」について説明しておく。IDCが2007年から提唱しているもので、「第1」のメインフレーム、「第2」のクライアントサーバーシステムに続く「モバイル」「ソーシャル」「ビッグデータ」「クラウド」で構成されるITプラットフォームが「第3のプラットフォーム」。

 次に「DX」。デジタルトランスフォーメーションの略だが、IDCの解釈では、「企業が第3のプラットフォーム技術を利用して新しいサービスやビジネスモデルを創出すること」となる。今や欧米では「ハイテク企業」と称されるGEなどは、その最たる例だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】2017年国内IT市場の残り主要5項目は
  • 1
  • 2
関連記事

DXを中心に進む2017年国内IT市場の主要10項目―IDCジャパン2016年は、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)にまつわる話題が特に多く報道され、関連サービスも多数出現した年だった。ビッグデータ/アナリティクスやモビリティなども含め、SoE(System of Engagement)を象徴するこれらの技術、サービス、現象は「デジタルビジネス」あるいは「デジタルトランスフォーメーション(DX)」と呼ばれ、最新のITトレンドとして広く認知された感がある。IDCジャパンは2016年12月13日に、2017年に国内IT市場を席捲するであろう主要10項目を発表した。

PAGE TOP