[新製品・サービス]

日本オラクル、モバイル端末の音声認識で集計・分析データを導き出すBIツールをクラウドで提供

2017年1月10日(火)IT Leaders編集部

日本オラクルは2017年1月6日、データ分析・可視化サービス「Oracle Data Visualization」に、スマートフォンなどのモバイル端末の音声アシスタントで必要なビジネスデータを導ける「BI Ask」を追加し、クラウドサービスとして提供を開始した。機械学習機能と連携し、売上向上施策、製造装置の故障、商品の受発注などの予測分析ができる。

 「BI Ask」は、音声認識による集計・分析データ応答機能である。業務部門の利用者が統計に関する特別なスキルは不要で、売上・顧客数・工場稼働状況・在庫数といった様々なデータをリアルタイムに可視化・レポートできるようにするセルフサービスBI(Business Intelligence)だ。

 外出中の営業担当者、工場や工事現場の監督者、小売店の受発注担当者などがiOSやAndroid搭載のモバイル端末に話しかけることで、様々な切り口で分析データを確認できる。例えば、飲料メーカーの営業担当者が、モバイル端末の音声アシスタントを介して「売上、神奈川、飲料」と話しかけることで、神奈川県の飲料に関する売上データを数種類のビジュアルで確認できる。関連情報として「製品カテゴリ」「販売数量」別のデータ分析も表示する。

 BI Askと「Oracle Database Cloud Service」の機会学習機能を組み合わせれば、ルートセールスや製造工場の予防保全・点検、倉庫・店舗における在庫管理にも活用可能だ。

 ルートセールスでは、担当する小売店で自社製品の売上状況を把握できるようになる。小売店の売上データと組み合わせれば、併売などのリコメンド情報を短時間で提示できる。

 製造工場の予防保全・点検では、工場の稼働状況を確認し、製造に関わるロット数を検索可能になる。センサーデータから製造装置の故障発生傾向をパターン化し、音声検索で把握できるようになる。

 倉庫・店舗における在庫管理では、小売店の在庫データを基に、天候や近隣のイベントのデータと連動した需要予測・在庫不足の発注に活用できる。

 Oracle Data Visualization Cloud Serviceの価格は、1利用者当たりの月額が9000円(税別。5利用者から)になる。

 Oracle Data Visualizationでは、数クリックで業務システム内のビッグデータ分析を行い、隠されたパターンを効率的に発見して共有したり、ビジネス上の知見を導き出したりできる。

関連記事

日本オラクル、モバイル端末の音声認識で集計・分析データを導き出すBIツールをクラウドで提供日本オラクルは2017年1月6日、データ分析・可視化サービス「Oracle Data Visualization」に、スマートフォンなどのモバイル端末の音声アシスタントで必要なビジネスデータを導ける「BI Ask」を追加し、クラウドサービスとして提供を開始した。機械学習機能と連携し、売上向上施策、製造装置の故障、商品の受発注などの予測分析ができる。

PAGE TOP