データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

CTC、グリッドの機械学習・Deep Learningフレームワークを使用したAIサービスを提供

2017年1月11日(水)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2017年1月10日、グリッドの機械学習・Deep Learning(深層学習)フレームワーク「ReNom」を使用したデータの分析サービスの提供を発表した。そのためにグリッドと業務提携し、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を利用したサービスを順次拡充する。

 CTCは、グリッドが持つ機械学習・Deep Learning(深層学習)に関するノウハウと、CTCのシステム構築・運用に関するノウハウを組み合わせ、既存システムと「ReNom」の連携を含めてAI(Artificial Intelligence:人工知能)の活用を支援する。ReNomの普及を目的としてCTCとグリッドが推進体制を構築し、製造、ライフサイエンス、情報通信、政府・公共機関、交通・物流、エネルギーなどの分野での課題解決支援と、サービスの共同開発を図る。

 また、AI導入・活用を検討するユーザー向けのPoC支援サービスをはじめとして、順次、導入後のフォローを行う定着化支援などのサービス開発やReNomを使用したアプリケーション開発を進めていく考えだ。すでに共同で複数のユーザーに対してPoCプロジェクトを開始しているという。

 CTCとグリッドは、販売代理店契約の締結や共同での海外展開も検討するとしている。

 ReNomは、Deep Learningや最適化アルゴリズム、生成モデルをはじめ、様々なアルゴリズムをライブラリーとして備えている。複雑な設定は不要で、各ライブラリーを組み合わせることにより比較的容易にAIを作成できる。

関連記事

CTC、グリッドの機械学習・Deep Learningフレームワークを使用したAIサービスを提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2017年1月10日、グリッドの機械学習・Deep Learning(深層学習)フレームワーク「ReNom」を使用したデータの分析サービスの提供を発表した。そのためにグリッドと業務提携し、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を利用したサービスを順次拡充する。

PAGE TOP