ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

建築・不動産業界の議事録を音声認識で作成―アドバンスト・メディア

2017年1月18日(水)IT Leaders編集部

アドバンスト・メディアは、建設・不動産業界向けの音声認識議事録作成プラットフォームサービス「AmiVoiceスーパーミーティングメモ」を2017年2月1日に発売することを発表した。建設業界で特に多いとされる定例会議や分科会、打ち合わせなどの議事録作成を省力化する。

 日本の企業では、相変わらず頻繁に定例会議や打ち合わせなどが行われている。アドバンスト・メディア取締役執行役員の立松克己氏によると、中でも建設業界は事業主、施主、建築会社が集まる定例会議や分科会、打ち合わせなどが特に多い業種のひとつだという。

 OHSAS 18000(労働安全衛生)ISO(国際標準化機構)の取得やリスクマネージメントの観点から、これらの会議には議事録の作成が求められており、それに膨大な時間が費やされているのが現状だという。

 音声認識技術を活用したサービスを展開するアドバンスト・メディアが今回発表した「AmiVoiceスーパーミーティングメモ」は、議事録作成に悩みを持つ建設・不動産業界向けの音声認識議事録作成プラットフォームだ。

 アドバンスト・メディアではすでに、東京都議会や豊島区議会、箱根町議会など複数の官公庁向けに議事録作成支援システムを導入、運用されている。建設業界向けには、2016年1月に建築現場の検査記録を音声で行う建築検査ソリューション「AmiVoiceスーパーインスペクター(建築仕上げ検査用)」を提供している。

 建設業界向けの第二弾として提供されるAmiVoiceスーパーミーティングメモは、会議や打ち合わせの発言を即時テキスト化する。スマートデバイス向けアプリを併用することで、会議での各者の発話を確実にメモ化できるほか、建設・不動産業界に特化したディープラーニング対応の大語彙エンジンが搭載されているので、専門用語も正しく認識する。

管理画面:音声認識した発言をリアルタイムで次々とテキスト表示していく(画像提供:アドバンスト・メディア)
拡大画像表示

 Webの管理画面では、認識した発言が次々とリアルタイムでテキスト化して発言時間とともに表示される。後から編集が可能なので、認識ミスの訂正や重要発言のチェック、単語・発話検索なども行える。

 価格は、初期費用が29万8000円、月額は基本料2万980円プラス毎分20円。

関連記事

建築・不動産業界の議事録を音声認識で作成―アドバンスト・メディアアドバンスト・メディアは、建設・不動産業界向けの音声認識議事録作成プラットフォームサービス「AmiVoiceスーパーミーティングメモ」を2017年2月1日に発売することを発表した。建設業界で特に多いとされる定例会議や分科会、打ち合わせなどの議事録作成を省力化する。

PAGE TOP