バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[事例ニュース]

仮想/物理混合環境のバックアップをCommvaultで一元化―ワイジェイFX

2017年1月24日(火)IT Leaders編集部

ネット金融隆盛の時代、その一端を担っているのが手軽な投資としてサラリーマンや主婦層にまで広がりを見せているFX(外国為替証拠金取引)だ。FX企業として国内トップクラスにあるヤフーグループのワイジェイFXは、動作にとって生命線であるITインフラに大きな悩みを抱えていた。個別最適で行ってきたシステムのバックアップ環境がサイロ化してしまっていたのだ。

 ワイジェイFXは、2013年度上半期に世界第3位を達成した国内トップクラスのFX取引事業者だ。同社では、システムごとに個別のバックアップ環境を構築していたが、そのバックアップ環境が様々な課題を抱えていた。

 例えば、仮想マシンのバックアップは、ストレージのスナップショット機能で同じ筐体内に取得していた。そのためストレージ筐体に障害が発生すると、システムの復旧が行えなかった。また、スナップショットでバックアップを運用していたことで、機密情報を含む仮想マシンのバックアップデータが分散してしまっていた。

 ファイルサーバーはレプリケーション機能でコピーしていたため、コピーからファイル単位でリストアする際には手動で検索してデータを復元していた。これだと手間がかかるうえ世代管理を行えず、必要なファイルを復旧できないというトラブルもあったという。

 それらの課題を解決するために導入したのが、Commvaultの統合データ保護ソリューションだった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

仮想/物理混合環境のバックアップをCommvaultで一元化―ワイジェイFXネット金融隆盛の時代、その一端を担っているのが手軽な投資としてサラリーマンや主婦層にまで広がりを見せているFX(外国為替証拠金取引)だ。FX企業として国内トップクラスにあるヤフーグループのワイジェイFXは、動作にとって生命線であるITインフラに大きな悩みを抱えていた。個別最適で行ってきたシステムのバックアップ環境がサイロ化してしまっていたのだ。

PAGE TOP