[新製品・サービス]

Azureを活用したIoT向け基盤サービスを提供─NECネッツエスアイとFIXER

2017年1月30日(月)IT Leaders編集部

NECネッツエスアイとFIXERは2017年1月26日、「Microsoft Azure」上に、IoT(Internet of Things)で求められるデータ収集から見える化までの機能や、データ分析のための機械学習などを搭載した「IoTプラットフォームサービス on Azure」を開発したと発表した。2017年4月に提供を開始する。

 「IoTプラットフォームサービス on Azure」は、日本マイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」のPaaS(Platform as a Service)機能を利用し、IoT(Internet of Things)に求められるデータ収集から蓄積、見える化までの基本機能を提供する。機能別の従量課金をモデルごとにプラン化しシンプルな価格で提供する。

 FIXERのAzureの24時間365日の運用監視サービス「cloud.config」により、Azure上のサービス稼働監視を行い基盤の安定性を確保可能だ。データ活用のための分析・解析、AI(Artificial Intelligence:人工知能)・機械学習機能などをユーザーのニーズや課題に合わせてデザインし、機能を拡張(オプション)できる。

 IoTプラットフォームサービス on Azureの参考価格は、デバイス数が500台までの「Entry」の場合で、月額費用が8万円からになる(用途や構成・要件により変わる)。

 また、NECネッツエスアイは、Azureにインターネットを介さず閉域接続でき、通信経路の安定性と高いセキュリティを確保可能なオプションサービス「ネッツワイヤレス ダイレクトアクセス for Azure」の提供を2017年4月に開始する。

 これらのサービスをパッケージ化して提供することにより、ユーザーは、モバイル回線からシステム活用、運用までを包括的に利用できるようになる。

関連記事

Special

-PR-

Azureを活用したIoT向け基盤サービスを提供─NECネッツエスアイとFIXERNECネッツエスアイとFIXERは2017年1月26日、「Microsoft Azure」上に、IoT(Internet of Things)で求められるデータ収集から見える化までの機能や、データ分析のための機械学習などを搭載した「IoTプラットフォームサービス on Azure」を開発したと発表した。2017年4月に提供を開始する。

PAGE TOP