[新製品・サービス]

ALSIとNEC、Webフィルタリングソフトと標的型攻撃対策アプライアンスを連携

2017年2月2日(木)IT Leaders編集部

アルプス システム インテグレーション(ALSI)は2017年1月31日、同社のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」と、NECの標的型攻撃対策アプライアンス「Deep Discovery Inspector powered by Express5800」の連携製品を発表した。

 NECは、サイバー攻撃への即時対応を可能にするために、ALSIの「InterSafe WebFilter」と自社の「Deep Discovery Inspector powered by Express5800」を連携して提供する。

 Deep Discovery Inspectorが検知した標的型攻撃や不審な通信を、InterSafe WebFilterに自動登録してアクセスを遮断できるようになる。

 InterSafe WebFilterは、URLデータベースに基づいてクライアントPCのWebアクセスをコントロールするゲートウェイ型のWeb・URLフィルタリングソフトである。過剰な規制や規制漏れのない正確なフィルタリングを実行でき、不正サイトへのアクセスや書き込みを防止して、情報漏洩・ウイルス感染や私的利用を防げる。アクセスログの保管・活用も可能だ。

 Deep Discovery Inspector powered by Express5800は、トレンドマイクロのネットワーク監視ソフトウェア「Deep Discovery Inspector」を、NEC製PCサーバー「Express5800」に対応・搭載した標的型攻撃対策アプライアンスである。標的型攻撃やゼロデイ攻撃など、不審な動きをネットワーク上の振る舞いから早期に見つけ出せる。

関連記事

ALSIとNEC、Webフィルタリングソフトと標的型攻撃対策アプライアンスを連携アルプス システム インテグレーション(ALSI)は2017年1月31日、同社のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」と、NECの標的型攻撃対策アプライアンス「Deep Discovery Inspector powered by Express5800」の連携製品を発表した。

PAGE TOP