データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

日揮とNEC、AI・IoTを活用し異常予兆検知ができるプラント運転データ解析サービスを提供

2017年2月6日(月)IT Leaders編集部

日揮とNECは2017年2月2日、AI(Artificial Intelligence:人工知能)・IoT(Internet of Things)を活用したプラント運転データ解析サービスの提供に関する協業を発表した。効率的なプラント操業を支援する、運転データ解析による異常予兆検知サービスを共同で提供する。

 日揮とNECは、石油精製、化学、LNG(液化天然ガス)・ガス、発電、資源開発分野などにおける、プラント運転異常の予兆を検知するシステムの構築とサービスの提供を共同で実施する。

 両社が共同で提供するプラント運転データ解析サービスは、それぞれが単独で提供してきたサービスに比べて、プラント全体にわたる広範囲の運転データを対象とした解析と、異常予兆の解析時間の短縮が可能となる。

 運転中のプラント全体に関する運転データを基に、異常予兆の因果関係をリアルタイムで特定し、トラブルの予防・未然防止の機械化・自動化も支援する。

 両社はすでに受注を開始しており、今後2年以内に国内外で30プラントへのサービス提供を目標にするという。

 日揮は、エネルギー・化学プラントの建設プロジェクトを通じて蓄積してきたエンジニアリングノウハウを基に、専門組織を2016年1月に立ち上げて、プラント運転データ解析サービスを開始した。

 NECは、データの相関関係から異常の予兆を検知する「インバリアント分析技術」や、多種多様なデータを分析できる「異種混合学習技術」をはじめ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術群「NEC the WISEを活用して、プラントの異常予兆監視・エネルギー需要予測・品質分析などのシステムを提供している。

関連記事

日揮とNEC、AI・IoTを活用し異常予兆検知ができるプラント運転データ解析サービスを提供日揮とNECは2017年2月2日、AI(Artificial Intelligence:人工知能)・IoT(Internet of Things)を活用したプラント運転データ解析サービスの提供に関する協業を発表した。効率的なプラント操業を支援する、運転データ解析による異常予兆検知サービスを共同で提供する。

PAGE TOP