[新製品・サービス]

ヴイエムウェア、デスクトップ/アプリケーション仮想化製品の最新版で配信コストと複雑性を軽減

2017年2月9日(木)IT Leaders編集部

ヴイエムウェアは2017年2月8日、「VMware Horizon」製品群の最新版を発表した。新たな「VMware Horizon Cloud」「同Horizon Apps」の提供に加え、同Horizon 7の機能強化により、Windowsアプリケーションの配信コストと複雑性を軽減でき、利用者の体験の向上も図れる。提供は2017年4月に開始する予定だ。

 「VMware Horizon」製品群の最新版は、エンドユーザープロファイルの管理を簡素化しつつ、デスクトップならびにアプリケーションの配信に要する時間を短縮する。そのために、同製品・サービス群の全般で「Just-in-Time Management Platform(JMP)」テクノロジーを提供する。

 JMPテクノロジーは、統合的なアプローチによる仮想アプリケーションとデスクトップの管理を可能にする。仮想・物理・クラウドの環境を問わずに、Windowsデスクトップ環境でのユーザープロファイルと動的なポリシーの設定を可能にすることで、アプリケーションの設定にともなうコストと複雑性の軽減を支援する。

 ネットワーク速度の違いや深刻なパケットロスなどのネットワーク状況への動的な対応を可能にすることで、帯域幅の利用率を効率化できる。そのために、「VMware Blast」の新機能として「Blast Adaptive Transport」テクノロジーを搭載した。

 「VMware Horizon Cloud」は、仮想デスクトップおよびアプリケーションのクラウドサービスである。「IBM Cloud」環境または認定済みのハイパーコンバージドインフラを利用したオンプレミス環境でホストされる、仮想デスクトップとアプリケーションを配信・管理できる。

 より広範な利用法に対応でき、クラウド環境への完全な移行や、派遣・契約社員への対応などを検討している場合にも様々な機能を備えた企業向けWindowsデスクトップとアプリケーションを提供できるようになる。IBM Cloudで稼働する最新のGPUテクノロジーを活用することで、仮想化されたデスクトップアプリケーションの動作を高速化しており、特にAutoCADなどのCAD・CAMの動作向上に効果的だ。

 「VMware Horizon Apps」は、オンプレミス向けのVMware Horizon 7製品群に加わった新製品である。JMPやBLASTのメリットを提供するほか、プロビジョニングにかかるコストを抑えられる。デスクトップ向けのVMware Horizon 7.1か、公開アプリケーションを活用したアプリケーション中心型のVMware Horizon Appsのいずれかを選択可能だ。

 想定価格は、VMware Horizon 7が同時接続1利用者当たり3万1000円(税別、以下同様)からで、VMware Horizon Cloudが1利用者当たり月額1980円から、VMware Horizon Apps(永久ライセンス)が1利用者当たり1万5500円からになる。

関連記事

Special

-PR-

ヴイエムウェア、デスクトップ/アプリケーション仮想化製品の最新版で配信コストと複雑性を軽減ヴイエムウェアは2017年2月8日、「VMware Horizon」製品群の最新版を発表した。新たな「VMware Horizon Cloud」「同Horizon Apps」の提供に加え、同Horizon 7の機能強化により、Windowsアプリケーションの配信コストと複雑性を軽減でき、利用者の体験の向上も図れる。提供は2017年4月に開始する予定だ。

PAGE TOP