開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

IoT等のアプリケーション開発をAPIテスト自動化・仮想化で効率化─CA Technologies等

2017年2月13日(月)IT Leaders編集部

CA Technologiesと協和エクシオは2017年2月9日、クラウドやIoT(Internet of Things)、BPMの分野で、アプリケーション開発における協業を開始した。API(Application Programming Interface)テストの自動化と仮想化により、開発を効率化する。

 協和エクシオが持つ開発ノウハウと、CAが提供するサービス仮想化製品「CA Service Virtualization」を組み合わせ、モバイル・IoT(Internet of Things)・API(Application Programming Interface)・システム連携・BPMの各基盤のアプリケーション開発、テスト時のコンサルティング、システムインテグレーションなどを提供する。

 協和エクシオは、情報通信インフラ構築サービスを一元的に提供している。特に、金融や製造業などの企業向けに、業務プロセスやIT課題を見える化し、BPMによってプロセス全体を効率化するとともに、モバイル・クラウド・IoTと基幹システムをつなぐサービスを提供することに注力している。

 そのなかで、複数システム間の連携テストでの品質を担保することと効率化を図ること、連携するシステムが利用できない状況におけるテストの待ち時間を解消すること、連携する側のシステムが完成していないなどの制約下でもテストを実行可能にすることなどが課題だったという。

 同社は、CA Service Virtualizationに着目し、アプリケーション開発サイクルでのテスト工程の効率化を図った。CAの支援のもと、製品評価から実証実験を経て自社の基幹システム(SAPと連携するワークフローシステム)の開発に同製品を導入し、開発・テストに対して一定の効果を得た。

 両社は今後、共同での販売活動、導入事例の公開、セミナー開催など、共同プロモーション活動も実施していくとしている。

 CA Service Virtualizationでは、連携先のシステムやコンポーネントを仮想化し、テストデータの自動作成や連携先システムからの自動応答を可能にすることで、テスト効率の向上を図れる。

関連記事

IoT等のアプリケーション開発をAPIテスト自動化・仮想化で効率化─CA Technologies等CA Technologiesと協和エクシオは2017年2月9日、クラウドやIoT(Internet of Things)、BPMの分野で、アプリケーション開発における協業を開始した。API(Application Programming Interface)テストの自動化と仮想化により、開発を効率化する。

PAGE TOP