[新製品・サービス]

日立ソリューションズ、サイコロ型IoTデバイスで現場作業を容易に管理できる製品を提供

2017年2月15日(水)IT Leaders編集部

日立ソリューションズは、電子サイコロの向きで、現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoT(Internet of Things)デバイス活用工数把握ソリューション」の提供を2017年2月15日に開始する。空間情報事業のノウハウとIoTデバイスを活用し、導入・運用のコストと負荷の低減を支援する。

 「サイコロ型IoT(Internet of Things)デバイス活用工数把握ソリューション」は、製造業や建設業の現場で日本語を理解できない外国人作業員や、IT操作に慣れていない作業員でも、自分専用の電子サイコロの向きを変えることで、作業内容や時間を簡単に記録可能にする。管理者は、作業者ごとの作業内容や時間を管理できるほか、取得した位置情報を分析して業務改善に活用可能になる。

 IoTタグとIoTルーターを利用している。立方体の箱に入ったIoTタグから発信されるセンサー情報を、PCに接続されたIoTルーターが集約し、専用アプリケーション上でファイル出力や集計結果の可視化を行う。

 作業員は作業机の上や作業服に身につけた専用の電子サイコロの上面を作業中の内容に設定する。電子サイコロ内のIoTタグは一定時間ごとにセンサー情報を電波で発信しており、近くのIoTルーターはキャッチした情報をPCに接続された親機までリレーで送信する。

 PCに蓄積されたセンサー情報は、専用のアプリケーション上でファイルに出力したり、集計結果として可視化したりできる。作業員は紙やシステムへの入力の手間が不要になる。

 センサー情報と位置情報を合わせて分析することで、作業員の場所や危険な行動・転倒・動作停止などを迅速に察知できるようになり、安全管理も可能になる。

 6面で計測できない複雑な作業などは、複数の電子サイコロを組み合わせて測定することも可能だ。

 サイコロ型IoTデバイス活用工数把握ソリューションの価格は、個別見積になる。

関連記事

日立ソリューションズ、サイコロ型IoTデバイスで現場作業を容易に管理できる製品を提供日立ソリューションズは、電子サイコロの向きで、現場作業の内容や時間を管理する「サイコロ型IoT(Internet of Things)デバイス活用工数把握ソリューション」の提供を2017年2月15日に開始する。空間情報事業のノウハウとIoTデバイスを活用し、導入・運用のコストと負荷の低減を支援する。

PAGE TOP