[新製品・サービス]

MKI、印TechMと共同でSAP ERPの保守・運用サービスを提供

2017年2月24日(金)IT Leaders編集部

三井情報(MKI)は2017年2月23日、印テックマヒンドラ(TechM)と共同でSAP ERPに関するグローバル保守・運用サービスの提供を開始した。ミッションクリティカルなグローバルシステムを適切なコストで提供する。

 MKIは、TechMと共同で、グローバル規模のミッションクリティカルなシステムの保守・運用サービスを提供開始した。高度なIT技術、適切なコスト、時差を問わない時間帯で提供する。

 クラウド、IoT(Internet of Things)やAI(Artificial Intelligence:人工知能)といったIT技術やサービスが普及するなかで、グローバル企業では世界規模でシステムを開発し、効率・効果的に保守・運用を行うニーズが高まっており、同サービスの展開を決定したとしている。

 なお、MKIとTechMはMKIの親会社である三井物産に対する同サービスの契約を締結した。三井物産と、TechMの属する印マヒンドラグループは、鉄鋼製品、機械・輸送システム、ICTなどの分野でパートナー関係にあり、MKIとTechMの提携も両グループにおけるパートナーシップの一環になるという。

 MKIとTechMは独SAP関連製品・サービスの開発や、クラウド・IoT・AIなども含めたSAP以外のシステムの開発・保守・運用サービスについても提携を進める。

 テックマヒンドラは、情報・通信・テクノロジー業界におけるソリューションサービスプロバイダーである。

関連記事

Special

-PR-

MKI、印TechMと共同でSAP ERPの保守・運用サービスを提供三井情報(MKI)は2017年2月23日、印テックマヒンドラ(TechM)と共同でSAP ERPに関するグローバル保守・運用サービスの提供を開始した。ミッションクリティカルなグローバルシステムを適切なコストで提供する。

PAGE TOP