[事例ニュース]

ミサワホームがAI装備のERP「HUE」を導入する理由とは?

2017年3月2日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

2017年、CIOやIT責任者にとって最大のテーマの1つがAI(人工知能)だろう。顧客対応を自動化したり、IoTと組み合わせて機器を自動制御したり、あるいはビッグデータからインテリジェンスを抽出したり、様々な活用が見込まれる。中でも実用性や緊急性の面で期待されるのがオフィス業務のサポートだ。RPA(Robotic Process Automation)もあるが、ここではワークスアプリケーションズが開発・販売するAI装備のERP「HUE」にスポットを当てる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「できるんだったら、やろう」
  • 1
  • 2
関連記事

ミサワホームがAI装備のERP「HUE」を導入する理由とは?2017年、CIOやIT責任者にとって最大のテーマの1つがAI(人工知能)だろう。顧客対応を自動化したり、IoTと組み合わせて機器を自動制御したり、あるいはビッグデータからインテリジェンスを抽出したり、様々な活用が見込まれる。中でも実用性や緊急性の面で期待されるのがオフィス業務のサポートだ。RPA(Robotic Process Automation)もあるが、ここではワークスアプリケーションズが開発・販売するAI装備のERP「HUE」にスポットを当てる。

PAGE TOP