[OSSを理解する]

オープンソースの運用管理ソフトウェア、OSS鳥瞰図【第2回】

2017年3月16日(木)太田 俊哉(日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会)

本誌が2012年5月に作成・公開した「OSS(オープンソースソフトウェア)鳥瞰図」を日本OSS推進フォーラムのクラウド技術部会が中心になって完全リニューアルしました。OSS鳥瞰図では、各種OSSをカテゴリーごとにまとめて紹介しています。今回は、注目度の高いカテゴリーの1つであり、多彩なソフトウェアが次々に登場しているシステムの運用管理・監視用のOSSについて解説します。「MRTG」「Nagios」「Zabbix」「Hinemos」などです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ネットワークモニタリングのカテゴリー
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
OSSを理解する一覧へ
関連記事

Special

-PR-

オープンソースの運用管理ソフトウェア、OSS鳥瞰図【第2回】本誌が2012年5月に作成・公開した「OSS(オープンソースソフトウェア)鳥瞰図」を日本OSS推進フォーラムのクラウド技術部会が中心になって完全リニューアルしました。OSS鳥瞰図では、各種OSSをカテゴリーごとにまとめて紹介しています。今回は、注目度の高いカテゴリーの1つであり、多彩なソフトウェアが次々に登場しているシステムの運用管理・監視用のOSSについて解説します。「MRTG」「Nagios」「Zabbix」「Hinemos」などです。

PAGE TOP