[OSSを理解する]

オープンソースの運用管理ソフトウェア、OSS鳥瞰図【第2回】

2017年3月16日(木)太田 俊哉(日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会)

本誌が2012年5月に作成・公開した「OSS(オープンソースソフトウェア)鳥瞰図」を日本OSS推進フォーラムのクラウド技術部会が中心になって完全リニューアルしました。OSS鳥瞰図では、各種OSSをカテゴリーごとにまとめて紹介しています。今回は、注目度の高いカテゴリーの1つであり、多彩なソフトウェアが次々に登場しているシステムの運用管理・監視用のOSSについて解説します。「MRTG」「Nagios」「Zabbix」「Hinemos」などです。

 情報システムはトラブルなく稼働し、必要な時に必要な情報を処理できることが求められます。そのためには稼働状況を監視したり、万一に備えたバックアップを作成したりといった保守・運用管理が必要です。つまり、次のような保守・運用が安定稼働には欠かせません。

●自動化している処理(ジョブ)の実行と動作確認
●各種システムのバックアップ
●性能のモニタリング
●システム資産の状況確認や構成の点検
●セキュリティの監視

 そのために、企業におけるシステム運用の現場では商用ソフトウェアを活用しています。ですが商用ソフトウェアは専門性が高いだけに高価であり、断片的な利用に留まっているケースも少なからずあります。「ソフトウェアに投資できないので(現場の人手で)何とか頑張ってくれ」というわけです。

 そんな状況では上記のような作業を効率的にこなしたり、属人性を減らしたりができません。そこで注目すべきなのが、オープンソースの運用管理ソフトウェアです。一定以上の需要がある領域にしか存在しない商用ソフトウェアをカバーできるOSSも、しっかり探せば見つかる可能性があります。

運用管理の基本を知るには商用製品の理解が重要

 運用管理における商用製品とOSSを比較した場合、高機能かどうか、使いやすさはどうかという点では一般的に商用製品が優れています。機能は十分すぎるほど“てんこ盛り”ですし、使い勝手の面でも痒いところにまで手が届くようになっています。ライセンス費用がかかりますが、運用管理のなんたるかを知るためにも商用製品を理解しておくことは重要だと考えられます。

 一方、OSSの運用管理ソフトウェアは、色々な人や組織が、自分たちの課題を解決するために作ったソフトウェアを公開しているものです。多くの種類があり、分かりやすいとは言えませんが、ソースコードが公開されているため、ソースを読み慣れていれば理解できますし、自ら手を入れることができます。自由に使用できるので、試してみてニーズに合わなければ他の運用管理ソフトウェアに乗り換えることもできます。

 「そうはいっても機能が足りないと意味ないのでは」と思われるかも知れません。利用者が多い、そしてコミュニティが活発なOSSでは日々、機能強化が進んでおり、必要な機能が意外に早く実現されることが少なくありません。操作方法も、昔ながらのコマンドライン操作や、設定ファイルをテキストエディタで編集するといった形式のものから、Webベースで設定や管理表示ができるものもあります。

 商用製品かOSSかという二項対立でとらえるのではなく、双方の利点・欠点を把握し、投入する費用や人的リソースのバランスを検討して最適なソフトウェアを選択すると良いでしょう。

OSS鳥瞰図における運用管理カテゴリー

 OSS鳥瞰図2017年版では、運用管理カテゴリーを以下の6つのサブカテゴリーに分けています。

●ストレージバックアップ
●構成管理
●HAクラスタ
●負荷分散
●運用監視
●ネットワークモニタリング

 ここでは、上記の中から、運用監視とネットワークモニタリングの2つのカテゴリーを紹介します。なお取り上げるOSSについては、鳥瞰図の中から、よく利用されていると思われるものを筆者の主観で選んでいます。また説明の都合上、ネットワークモニタリングのカテゴリーから紹介します。

バックナンバー
OSSを理解する一覧へ
関連記事

Special

-PR-

オープンソースの運用管理ソフトウェア、OSS鳥瞰図【第2回】本誌が2012年5月に作成・公開した「OSS(オープンソースソフトウェア)鳥瞰図」を日本OSS推進フォーラムのクラウド技術部会が中心になって完全リニューアルしました。OSS鳥瞰図では、各種OSSをカテゴリーごとにまとめて紹介しています。今回は、注目度の高いカテゴリーの1つであり、多彩なソフトウェアが次々に登場しているシステムの運用管理・監視用のOSSについて解説します。「MRTG」「Nagios」「Zabbix」「Hinemos」などです。

PAGE TOP