[OSSを理解する]

オープンソースの運用管理ソフトウェア、OSS鳥瞰図【第2回】

2017年3月16日(木)太田 俊哉(日本OSS推進フォーラム クラウド技術部会)

本誌が2012年5月に作成・公開した「OSS(オープンソースソフトウェア)鳥瞰図」を日本OSS推進フォーラムのクラウド技術部会が中心になって完全リニューアルしました。OSS鳥瞰図では、各種OSSをカテゴリーごとにまとめて紹介しています。今回は、注目度の高いカテゴリーの1つであり、多彩なソフトウェアが次々に登場しているシステムの運用管理・監視用のOSSについて解説します。「MRTG」「Nagios」「Zabbix」「Hinemos」などです。

ネットワークモニタリングのカテゴリー

 本カテゴリーに属するOSSは、基本的に「ネットワークの監視」という特定の機能に特化したものです。ネットワークのトラフィックを常時監視することで、トラフィックの傾向を見たり、異常時に素早く対応できたりすることを目的にしています。通常は、ネットワーク機器の情報を「SNMP((Simple Network Management Protocol))」を使って取得し、その情報を可視化します。SNMPで情報が取れる機器やデバイスであればネットワークトラフィック以外の情報も取得し表示できます。

MRTG

図1: MRTG(The Multi Router Traffic Grapher)の表示画面例図1: MRTG(The Multi Router Traffic Grapher)の表示画面例
拡大画像表示

 ネットワークモニタリング分野で、よく知られているのが「MRTG(The Multi Router Traffic Grapher)」です。SNMPで取得したネットワークトラフィックの状況をHTML形式でグラフィカルに表示します(図1)。テキストベースで記述した設定ファイルに基づきHTMLを生成するだけの機能しかなく、例えば動的に監視対象を定義したり、見方を変えたりはできません。表示にはHTTPサーバーなどを別途用意する必要もありますが、機能特化型であるがゆえに使い勝手が良いのが特徴です。

cacti

 もう少しモダンな形でネットワークを監視できるツール「cacti」もあります。ブラウザから操作・設定が可能で、動的に監視対象を追加したり、表示方法を変更したりできます。

Wireshark

 ネットワーク上にどのようなデータが流れているかを調べたい場合には、LANアナライザーを使いますが、アプライアンス型のハードウェア製品や純粋な商用ソフトウェアだけでなく、OSSとしても提供されています。単にネットワークを流れるパケットのダンプを取る程度なら基本ソフト(OS)が備える 「tcpdump」で用が足りるのですが、色々な条件でパケットを取得したり、結果を表示したりするなら「Wireshark」というOSSがあります。

図2:Wireshsarkでは、Windows環境の SMB(Server Message Block)パケットの中身も解析して表示できる図2:Wireshsarkでは、Windows環境の SMB(Server Message Block)パケットの中身も解析して表示できる
拡大画像表示

 Wiresharkは高機能で、調べたいことのほとんどができると言っても良いでしょう。データの内容を単に表示するだけでなく、プロトコルを解釈してプロトコルに沿った形で表示させることもできます。数多くのプロトコルに対応しており、アプリケーションやミドルウェアレベルでの問題解決に便利です(図2)。取得したパケットを保存したり、再生したりも可能です。UNIX系のOSに加え、Windows上でも動作します。バージョン2からは日本語を含む国際化に対応し、使いやすさが向上しています。

バックナンバー
OSSを理解する一覧へ
関連記事

オープンソースの運用管理ソフトウェア、OSS鳥瞰図【第2回】 [ 2/3 ] 本誌が2012年5月に作成・公開した「OSS(オープンソースソフトウェア)鳥瞰図」を日本OSS推進フォーラムのクラウド技術部会が中心になって完全リニューアルしました。OSS鳥瞰図では、各種OSSをカテゴリーごとにまとめて紹介しています。今回は、注目度の高いカテゴリーの1つであり、多彩なソフトウェアが次々に登場しているシステムの運用管理・監視用のOSSについて解説します。「MRTG」「Nagios」「Zabbix」「Hinemos」などです。

PAGE TOP