[新製品・サービス]

ハイブリッドIT導入を支援する小規模システム向けサーバーを発売─日本ヒューレット・パッカード

2017年3月10日(金)IT Leaders編集部

日本ヒューレット・パッカードは、ハイブリッドITの構築を支援する小規模システム向けのサーバー「HPE ProLiant Thin Micro TM200(HPE ProLiant TM200)」を2017年3月9日に発売した。クラウド連携を前提としたシンプルな構成で、パートナーとの協業によってハイブリッドIT環境を提供する。

 「HPE ProLiant TM200」は、クラウド連携を前提として開発したサーバーである。オンプレミスとクラウドを組み合わせてシステムを配分するハイブリッドITを、簡単かつ短時間に導入可能にする。オンプレミスサーバーとしての信頼性や管理性も備えている。

 仮想化環境に対応している。各種サーバーOSに加え、仮想化ハイパーバイザーをサポートしており、クラウド連携のソフトウェアに柔軟に対応する。

 管理機能については、HPE ProLiant標準搭載の管理チップであるIntegrated Lights-out 4を搭載している。リモート管理や電力管理に加え、サーバーの導入、運用(監視)、保守といったライフサイクル全般に管理機能を提供する。

 ラインアップには、4コアのXeonプロセッサーD-1518(2.20GHz)を1基搭載したモデルと、8コアのXeonプロセッサーD-1537(1.70GHz)を1基搭載したモデルがある。いずれも8GBメモリー(最大64GB)を採用し、ディスク非搭載(ドライブ最大容量は8TB)になっている。

 高さ49.5mm×幅254mm×奥行き254mm、重量2.83kg(最大、本体のみ)とコンパクトで、場所を取らずに設置可能だ。オプションで、縦置き用のスタンドキット、壁掛け用のウォールマウントキット、8TBと16TBのストレージ拡張ボックス(対応する最大容量は24TB)を用意している。

 HPE ProLiant TM200の価格は、Xeon D-1518搭載モデルが17万1000円(税別、以下同様)で、Xeon D-1537搭載モデルが21万2000円。オプションは、スタンドキットとウォールマウントキットがそれぞれ8000円、ストレージ拡張ボックスは8TBが22万9000円、16TBが41万2000円になる。

 日本ヒューレット・パッカードは、同製品を利用してサービスを提供するソリューションベンダーとの協業や、クラウドソフトウェアベンダーとのアライアンスなど、パートナーとの連携を強化していく予定だとしている。

関連記事

ハイブリッドIT導入を支援する小規模システム向けサーバーを発売─日本ヒューレット・パッカード日本ヒューレット・パッカードは、ハイブリッドITの構築を支援する小規模システム向けのサーバー「HPE ProLiant Thin Micro TM200(HPE ProLiant TM200)」を2017年3月9日に発売した。クラウド連携を前提としたシンプルな構成で、パートナーとの協業によってハイブリッドIT環境を提供する。

PAGE TOP