[新製品・サービス]

MJS、FinTech分野のサービスやIaaSを活用する中堅・中小企業向け新ERP製品を発売

2017年3月14日(火)IT Leaders編集部

ミロク情報サービス(MJS)は2017年3月13日、中堅企業向けの新ERPシステム「Galileopt NX-Plus」を発表した。FinTech分野のサービスやIaaS(Infrastructure as a Service)を活用し、企業の業務効率化と利便性向上を支援する。2017年4月下旬に発売する。

 「Galileopt NX-Plus」は、FinTech分野のサービスを活用したデータの自動取得や内部統制機能の強化、経営計画や意思決定の迅速化を支援するERPパッケージである。年商50~500億円規模の中堅・中小企業を主な対象としている。

 アカウントアグリゲーションサービスを活用した入出金データの取得や、ユーザーの要望に合わせたIaaS(Infrastructure as a Service)環境の提供などを用意している。

 FinTechを活用した入出金データの自動取得により、財務情報を活用したリアルタイム会計を可能にする。そのために、2000を超える金融機関およびクレジットカード会社に対応したアカウントアグリゲーションサービスを提供する。

 クラウド環境でのERPシステムの利用が可能だ。事業継続計画や社内サーバーの運用管理コスト削減などに対応するため、パブリッククラウド環境で利用できる「Galileopt NX-Plus for IaaS」を提供する(8月開始予定)。

 経営情報を多面的に可視化できる。予算編成から予算実績管理や予算執行管理までの業務を効率化する予算編成システム「BizForecast」や、企業のグループ経営を支援する連結会計システム「Conglue」とシームレスにデータ連携できる。

 Galileopt NX-Plusの価格は、「財務大将」の基本が340万円(税別)からになる。財務大将のほか、人事大将・給与大将・販売大将など各種モジュールやオプションも用意している。

 MJSは、発売初年度に100本の販売を目標にする。

関連記事

Special

-PR-

MJS、FinTech分野のサービスやIaaSを活用する中堅・中小企業向け新ERP製品を発売ミロク情報サービス(MJS)は2017年3月13日、中堅企業向けの新ERPシステム「Galileopt NX-Plus」を発表した。FinTech分野のサービスやIaaS(Infrastructure as a Service)を活用し、企業の業務効率化と利便性向上を支援する。2017年4月下旬に発売する。

PAGE TOP