[新製品・サービス]

金融機関向けにイントラネットからの安全なインターネット接続を可能にするゲートウェイサービスを提供

2017年3月21日(火)IT Leaders編集部

NECは2017年3月17日、金融機関を対象に、イントラネットからの安全なインターネット接続を可能にする「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」の提供を開始すると発表した。改訂金融検査マニュアルなどに対応したサイバーセキュリティを提供する。

 「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」は、改訂された金融庁の金融検査マニュアルなどの業界ガイドラインを基に、最新の脅威に対抗するためのセキュリティ要件を満たしたインターネット接続環境をNECのデータセンターに構築し、サービスとして提供するものである。

 ファイアウォール、不正侵入検知・防御システム、振る舞い検知などの基本サービスに加え、インターネット接続専用の仮想デスクトップ環境などのオプションサービスを用意し、一元的に提供する。パッチ適用や設定変更なども代行する。

 NECのセキュリティ専門家が常時監視するとともに、インシデント発生時は初動対応から復旧までを総合的にサポートすることで、金融機関のCSIRT(Computer Security Incident Response Team)業務運営を支援する。

 複数金融機関での共同利用にも対応しており、最低限の個社要件を充足しコストを低減しながら、最新の脅威に対応できるセキュリティ環境を構築可能だ。

 金融機関向けインターネットゲートウェイサービスの価格は、1金融機関での単独利用で、基本サービスのみ、インターネット接続回線100Mbpsの場合、初期費用が1500万円(税別、以下同様)から、年間費用が2000万円からになる。

 NECは、今後3年間で30金融機関への販売を目標にする。

関連記事

Special

-PR-

金融機関向けにイントラネットからの安全なインターネット接続を可能にするゲートウェイサービスを提供NECは2017年3月17日、金融機関を対象に、イントラネットからの安全なインターネット接続を可能にする「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」の提供を開始すると発表した。改訂金融検査マニュアルなどに対応したサイバーセキュリティを提供する。

PAGE TOP