[新製品・サービス]

日本HP、バナーやポスターを簡単にデザインできるクラウドアプリケーションを提供

2017年3月31日(金)IT Leaders編集部

日本HPは2017年3月30日、プリントサービスプロバイダーや小規模なプリントショップを対象に、簡単な操作でバナーや商用ポスターなどを直感的にデザインしたり、顧客との発注プロセスを一元的に管理できる、無償のクラウドアプリケーション「HP Signage Suite」の提供を開始した。

 「HP Signage Suite」では、利用者は簡単に自分の好きな画像やテキストを使い、ロールアップバナー、POP・ポスターなどのサイネージをデザインして、プリントショップへ発注できる。プリントショップはWebブラウザーからアクセスしたダッシュボード画面を使って顧客からの発注を管理できるため、24時間年中無休の受注取引が可能になる。

 同サービスは、クラウドベースのアプリケーションで、カスタマイズしたラージフォーマットアプリケーションを作成するためのクラウドサービス「HP Applications Center」で提供する。単純なハイパーリンクによって利用できるほか、プリントショップごとにカスタマイズした形で提供することも可能だ。

 大判プリンター「HP Latexプリンター」の全機種とグラフィックス向け大判プリンター「HP DesignJet Z2600/Z5600 PSプリンター」を導入しているユーザーは無償で利用できる。今後、対象製品を増やしていく予定だという。

 3つのステップで簡単にサイネージを制作可能だ。3Dビューによる直感的なプレビューが可能なほか、様々なコンテンツライブラリへ簡単にアクセスできる。テンプレートを提供し、画像・テキスト・ロゴなどを簡単にドラッグ&ドロップしてレイアウトできる。

 プリントに最適化されたPDFを自動で生成可能だ。JDFをサポートすることに加え、PDFファイルのバージョン管理によるジョブの自動ダウンロードも可能になっている。

 顧客の発注時には、Web上で価格を自動表示することもできる。

関連記事

Special

-PR-

日本HP、バナーやポスターを簡単にデザインできるクラウドアプリケーションを提供日本HPは2017年3月30日、プリントサービスプロバイダーや小規模なプリントショップを対象に、簡単な操作でバナーや商用ポスターなどを直感的にデザインしたり、顧客との発注プロセスを一元的に管理できる、無償のクラウドアプリケーション「HP Signage Suite」の提供を開始した。

PAGE TOP