[新製品・サービス]

富士通とVMware、自動車業界向けにECUの管理・監視支援製品を提供

2017年3月31日(金)IT Leaders編集部

富士通と米VMwareは2017年3月30日、無線通信を使用してソフトウェアのダウンロードや更新を行う、富士通のOTA(Over The Air)リプログラミング製品に、VMwareのIoT(Internet of Things)製品を組み合わせることで、自動車業界の企業に対しコネクテッドカーや自律走行に向けた製品を提供すると発表した。

 富士通とVMwareは、戦略的協業を拡大し、自動車部品を制御するECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)の増加に対応するため、ECUの管理・監視支援製品を提供していく。

 VMwareのIoT(Internet of Things)製品を富士通のOTA(Over The Air)リプログラミング製品に組み込んで、自動車メーカーとそれらのパートナー企業を対象に一元的なクラウドサービスを提供するという。

 具体的には、富士通は今後、ECUソフトウェアを効率的に管理および更新するための差分更新技術を適用したクラウド連携のOTAリプログラミング製品を提供する。

 これにVMwareのIoT製品を組み合わせることで、無線通信を用いて車両内のデバイスに対するソフトウェアアップデートを必要なときに迅速に提供可能にする。

 富士通とVMwareはこれらの取り組みに加えて、両社の製品を組み合わせたモビリティ分野における協業についても拡大していくとしている。

関連記事

富士通とVMware、自動車業界向けにECUの管理・監視支援製品を提供富士通と米VMwareは2017年3月30日、無線通信を使用してソフトウェアのダウンロードや更新を行う、富士通のOTA(Over The Air)リプログラミング製品に、VMwareのIoT(Internet of Things)製品を組み合わせることで、自動車業界の企業に対しコネクテッドカーや自律走行に向けた製品を提供すると発表した。

PAGE TOP