[新製品・サービス]

標的型攻撃対策アプライアンスの機能をクラウド環境に対応―ウォッチガード

2017年4月4日(火)IT Leaders編集部

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2017年4月3日、統合セキュリティアプライアンス「WatchGuard Firebox」シリーズをパブリッククラウド環境に対応させ、「Firebox Cloud」(AWS:Amazon Web Services対応)として発売した。

 「Firebox Cloud」は、パブリッククラウド環境のサーバーを保護するためのセキュリティ機能を提供する。標的型攻撃対策アプライアンス「Firebox」シリーズの多層防御のセキュリティ機能をパブリッククラウド環境へ適用可能にした。

 物理アプライアンスとFirebox Cloudの混在環境でも、ネットワークとセキュリティの可視化ツール「WatchGuard Dimension」を使用して、シームレスにセキュリティ運用を可視化できる。

 ランサムウェア、標的型攻撃、ボットネット、クロスサイトスクリプティング、SQLインジェクション攻撃その他の不正侵入などによる攻撃から、AWS(Amazon Web Services)上のVPC(Virtual Private Cloud)を迅速かつ容易に保護する。

 各クラウド基盤専用の一貫したUI(User Interface)で作業を効率化できる。ウォッチガード製品間のVPNトンネルにより、パブリッククラウド環境への安全な接続を確立するためのプロセスも簡素化している。

 Firebox CloudをFireboxシリーズと併用すれば、VPCを保護するための専用製品は不要になる。

関連記事

Special

-PR-

標的型攻撃対策アプライアンスの機能をクラウド環境に対応―ウォッチガードウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2017年4月3日、統合セキュリティアプライアンス「WatchGuard Firebox」シリーズをパブリッククラウド環境に対応させ、「Firebox Cloud」(AWS:Amazon Web Services対応)として発売した。

PAGE TOP