[新製品・サービス]

シーメンスが産業用IoTプラットフォームを発表―ベータ版の国内提供を開始

2017年4月11日(火)IT Leaders編集部

シーメンスは2017年4月10日、クラウドベースの産業用IoT(Internet of Things)オペレーションシステム「MindSphere(マインドスフィア)」の提供を開始した。当面はベータ版のリリースとなるが、継続的に開発を進めていくとしている。

 マインドスフィアは、アプリケーションを開発するための、スケーラブルなクラウドプラットフォームをPaaSとして提供するもの。大量の生産データを記録、分析して工場の効率改善につなげられるIoTのためのオープンオペレーティングシステムとなっており、幅広い分野の事業会社が、予防保全、エネルギーデータ管理、リソースの最適化などの領域でIoT基盤として利用できる。

MindSphere概念図(出所:シーメンス)
拡大画像表示

 マインドスフィアは、シーメンスのデータベースも担っている。例えば工作機械の予防保全を行う「Machine Tool Analytics」や統合型ドライブシステム「Drive Train Analytics」などがある。

 併せて、マインドスフィアの実証実験での知見を活かして開発した、装置や設備、プラントをマインドスフィアにつなげるための産業用ゲートウェイ「MindConnect Nano」も提供する。そのほか、ソフトウェア開発キットやの市場投入や、シーメンスの産業用オートメーションシステム「Simatic」との統合なども予定している。

関連記事

Special

-PR-

シーメンスが産業用IoTプラットフォームを発表―ベータ版の国内提供を開始シーメンスは2017年4月10日、クラウドベースの産業用IoT(Internet of Things)オペレーションシステム「MindSphere(マインドスフィア)」の提供を開始した。当面はベータ版のリリースとなるが、継続的に開発を進めていくとしている。

PAGE TOP