[新製品・サービス]

HPEがハイブリッドクラウド環境向けの無停止サーバーを提供開始

2017年4月12日(水)IT Leaders編集部

クラウドが普及する一方で、依然として残るオンプレミスのシステム。多くの企業が舵を切っているハイブリッドクラウドについての安全性に対する要求が高まっている。これに応える形で日本ヒューレット・パッカードが2017年4月11日に発表したのが、ハイブリッドクラウド環境での「無停止サーバー」をソフトウェアで実現する「HPE Virtualized NonStop」だ。

 日本ヒューレット・パッカードは、無停止を実現するフォルトトラレントサーバーとして、ハードとソフト一体型の「HPE Integrity NonStop」を提供してきた。これを仮想化環境に対応させたのが、新製品の「HPE Virtualized NonStop」だ。

 HPE Virtualized NonStopは、HP NonStopサーバーの特徴であるプロセスペア技術を仮想サーバーでも利用できるようにしたもの。プロセスペア技術は、2つのCPUにプライマリとバックアップの2つのプロセスがペアとして存在し、プライマリプロセスに異常が発生した時に、瞬時にバックアッププロセスが処理を引き継ぐ無停止技術。

 この無停止技術の核となる「HPE NonStop OS」および無停止対応のミドルウェアが、仮想マシン上で稼働するようになった。実行プロセスの冗長化、トランザクションの一貫性保持など、Integrity NonStopサーバーのメリットを仮想環境で継承し、「無停止ハイブリッドクラウド環境」を実現する。管理ツールの「NonStop Open System Management」はOpenStackと連動し、起動やリソース配備、構成変更などの自動化を実現する。

 また、HPE Virtualized NonStopは、無停止型データベースの「HPE NonStop SQL/MX」を仮想環境で稼働できるようにする。この無停止データベースクラウド基盤「DB as a Services」では、マルチテナント機能を提供するほか、複数社データベースの互換機能により、ベンダーロックインを排除する。

 初期バージョンで対応する仮想化技術は、Linux KVMのみとなっている。今後のバージョンでVMWareやHyper-Vに対応させる。ラインナップは、ハイエンドとエントリーの2種類。ハイエンドは1ノードあたり2~16CPU、最大255ノードで4080CPU、エントリーは1ノードあたり2~4CPU、最大255ノードで1020CPU。エントリークラスの最小構成価格(税抜)が2CPU 1コアで635万6400円から。

関連記事

HPEがハイブリッドクラウド環境向けの無停止サーバーを提供開始クラウドが普及する一方で、依然として残るオンプレミスのシステム。多くの企業が舵を切っているハイブリッドクラウドについての安全性に対する要求が高まっている。これに応える形で日本ヒューレット・パッカードが2017年4月11日に発表したのが、ハイブリッドクラウド環境での「無停止サーバー」をソフトウェアで実現する「HPE Virtualized NonStop」だ。

PAGE TOP