メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、メインフレームからオープン環境への移行を支援するサービスを提供

2017年4月12日(水)IT Leaders編集部

TISインテックグループのTISは2017年4月11日、メインフレームで稼動する、大手金融機関の基幹システムといった大規模アプリケーションのオープン環境への移行を支援する「Xenlon~神龍 マイグレーションサービス」の提供を、4月に開始すると発表した。

 「Xenlon~神龍 マイグレーションサービス」は、優れた再現性で業務ロジックのほぼ100%(基盤環境に起因するアーキテクチャー差異は除く)の自動変換を可能にするTISのツール「Xenlon~神龍 Migrator C2J」を活用し、COBOLからJavaへの移行を支援するサービスである。

 Xenlon~神龍 Migrator C2Jは、変換ツール、実行時ライブラリー、分析ツールの3つで構成される。優れた再現性、保守性の確保、動作性能を考慮したソースコードの自動生成を行う。

 大規模なメインフレームシステムの短期間かつ安全・確実なオープン環境への移行を可能にする。COBOLの大規模アプリケーションをJavaに移行することで、運用コストの低減や運用継続性の担保を図れる。

 「アセスメントサービス」「マイグレーションサービス」「運用・保守サービス」「Cloud基盤移行サービス」「Cloud基盤プラットフォームサービス」の5つのメニューで構成している。

 アセスメントサービスでは、変換ツールの適用率とマイグレーション実施時の概算費用をレポートする。

 マイグレーションサービスでは、現状分析から、リライトによるソースコード生成および移行前後の環境差異を吸収するために必要な部品の開発、テスト・移行までを一貫して実施する。

 運用・保守サービスでは、オープン環境に移行したシステムの運用・保守を実施する。機能改善・拡張など、オープン化後のシステム最適化も支援する。

 Cloud基盤移行サービスでは、サービステンプレートを活用し短期間での移行を可能にする。

 Cloud基盤プラットフォームサービスでは、オープン環境に移行する基幹システムのアプリケーション動作・システム運用に必要となるインフラ基盤・運用基盤を、標準プラットフォームサービスとして提供する。

 提供はアセスメントサービスを2017年4月に、マイグレーションサービスを10月に、運用・保守サービスとCloud基盤移行サービス、Cloud基盤プラットフォームサービスは2018年度に(相談により個別対応可)開始する予定だ。

 Xenlon~神龍 マイグレーションサービスの価格は、アセスメントサービスが250万円(税別)からで、ほかのサービスはそれぞれ個別見積になる。

 TISは、2019年までの3年間で100億円規模の受注を目標にする。

関連記事

TIS、メインフレームからオープン環境への移行を支援するサービスを提供TISインテックグループのTISは2017年4月11日、メインフレームで稼動する、大手金融機関の基幹システムといった大規模アプリケーションのオープン環境への移行を支援する「Xenlon~神龍 マイグレーションサービス」の提供を、4月に開始すると発表した。

PAGE TOP