ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

働き方改革は"会議改革" - シスコ、クラウドベースの会議ツールでKDDIと協業へ

2017年4月14日(金)五味 明子(ITジャーナリスト)

シスコシステムズは4月13日、同社が提供するクラウドベースの会議製品「Cisco Spark」およびオールインワンのホワイトボード型ビデオ会議システム「Cisco Spark Board」の国内提供に関し、KDDIと協業していくことを発表した。この提携により、KDDIは7月からCisco Spark / Cisco Spark Boardの提供を開始するほか、東京03など固定電話番号からクラウドPBXが利用できるサービスも提供する。シスコシステムズの鈴木みゆき社長は「シスコの会議ツールは世界でNo,1のシェアであり、一方のKDDIは中堅中小を中心に非常に強い販売基盤をもっている。両者が協業することで国内企業の会議のあり方を変化させ、国が推進する働き方改革の普及につながると考えている」と語る。

 Cisco Sparkは「ミーティング」「メッセージング」「コーリング」の3つの機能を提供するクラウドベースのコラボレーションシステム。会議の参加メンバーはどこにいてもPCやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末から相互接続でき、セキュアな状態で仮想的な会議スペースに参加することができる。Ciscoが別に提供するビデオカンファレンスツール「Cisco WebEx」と同じインフラを利用しているので、リアルタイムなビデオカンファレンスへの参加はもちろんのこと、資料の共有/閲覧やホワイトボード機能などもリモートから活用できる。

 今回のKDDIとの協業にあわせ、シスコは米国で1月にリリースしたCisco Spark Boardの国内提供を開始している(価格: 50万円から)。これは壁掛け型のオールインワンのデバイスで、Cisco Sparkの特徴である資料共有やデジタルホワイトボード、テレビ会議などの機能を1台に集約している。会議の参加メンバーがPCやスマートフォンをもってボードに近づくと、ボード内に内蔵されたスピーカーが超音波で各デバイスを認識して無線ペアリングを行い、すぐにワイヤレスプレゼンテーションや資料アップロードなどが可能な状態になる。もちろんクラウド経由でリモートからの参加も可能だ。

 スクリーンは55インチの4K UHIDで、プレゼン資料やホワイトボードの書き込みを鮮明に表示する。また、シアターレベルの音声機能を実現しているのも本製品の特徴のひとつで、会議参加者の音声をスピーカーフォンなしでクリアに拾う。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ツールで始まる会議改革
  • 1
  • 2
関連記事

働き方改革は"会議改革" - シスコ、クラウドベースの会議ツールでKDDIと協業へシスコシステムズは4月13日、同社が提供するクラウドベースの会議製品「Cisco Spark」およびオールインワンのホワイトボード型ビデオ会議システム「Cisco Spark Board」の国内提供に関し、KDDIと協業していくことを発表した。この提携により、KDDIは7月からCisco Spark / Cisco Spark Boardの提供を開始するほか、東京03など固定電話番号からクラウドPBXが利用できるサービスも提供する。シスコシステムズの鈴木みゆき社長は「シスコの会議ツールは世界でNo,1のシェアであり、一方のKDDIは中堅中小を中心に非常に強い販売基盤をもっている。両者が協業することで国内企業の会議のあり方を変化させ、国が推進する働き方改革の普及につながると考えている」と語る。

PAGE TOP