[新製品・サービス]

IoT向けに通信モジュール・データ保存システムなどを提供―さくらインターネット

2017年4月19日(水)IT Leaders編集部

さくらインターネットは、これまで提供してきた「さくらのIoT Platform β」の正式サービスとして、IoT(Internet of Things)基盤「sakura.io」の提供を2017年4月18日に開始した。

 「sakura.io」は、モノとネットワークでデータを送受信するための「さくらの通信モジュール」、通信環境、データの保存や連携処理に必要なシステムを一体で提供するIoT(Internet of Things)の基盤である。

 発売した通信モジュールは、キャリアのLTE閉域網で「sakura.io」に接続しデータを送受信する「単体方式」に対応する。

 従量課金については、通信モジュールとsakura.io間で通信をする場合に消費する「sakura.ioポイント」を採用している。日本国内では、1回の通信あたり1ポイント消費する。

 価格は、通信モジュールが1台当たり8000円で、sakura.ioの月額利用料金が通信モジュール1台につき月額60円。sakura.ioポイントは、通信モジュールを初めてコントロールパネルに登録した時に1台につき1万ポイント、月額利用料金を支払うと毎月1万ポイントが付与される。追加購入は2万ポイント当たり100円になる。

 通信モジュールは2017年5月中旬以降に順次発送する予定だ。オプション品として、ブレイクアウトボード(検証ボード)とマイコンボード「Arduino」用のシールド(拡張ボード)も用意している。

 同サービスを利用するユーザーの製品の量産化計画をサポートする取り組みも実施する。

 「ゲートウェイ方式」は現在開発中で、テストチームメンバーを募集しているという。同方式では、2.4GHzまたは920MHzのLoRa(Low Power Wide Area)の変調方式の通信モジュールから、各変調方式に対応するゲートウェイを経由して送受信する。

関連記事

IoT向けに通信モジュール・データ保存システムなどを提供―さくらインターネットさくらインターネットは、これまで提供してきた「さくらのIoT Platform β」の正式サービスとして、IoT(Internet of Things)基盤「sakura.io」の提供を2017年4月18日に開始した。

PAGE TOP