[イベントレポート]

アプリケーションの“俊敏性”に焦点、OpenShiftなどでITオートメーション目指す

Red Hat Summit 2017 レポート(2)

2017年5月16日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

2017年5月2日~4日、米国ボストンで開催されたRed Hat Summit 2017。レッドハットは例年にも増して多様な製品を発表した。次世代のアプリケーション開発のあり方やITインフラ運用を考える上で示唆に富むため、採用云々は別に知っておいて損はない。そこで基調講演の内容も含めて、発表のあった新製品を紹介しよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】アプリケーションの開発・稼働までを一貫する
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

アプリケーションの“俊敏性”に焦点、OpenShiftなどでITオートメーション目指す2017年5月2日~4日、米国ボストンで開催されたRed Hat Summit 2017。レッドハットは例年にも増して多様な製品を発表した。次世代のアプリケーション開発のあり方やITインフラ運用を考える上で示唆に富むため、採用云々は別に知っておいて損はない。そこで基調講演の内容も含めて、発表のあった新製品を紹介しよう。

PAGE TOP