[新製品・サービス]

HOYAサービス、Dynamics 365のデータを活用した機械学習システムを提供

2017年5月19日(金)IT Leaders編集部

HOYAサービスは2017年5月18日、Microsoft Dynamics 365のデータを活用した機械学習システムを提供すると発表した。Dynamics 365のデータを活用し、Microsoft Azureの機械学習機能を利用した予測を簡単に利用できるようにする。

 新システムは、機械学習で利用度が高い「予測機能」に関して、Dynamics 365のデータを活用した各種の予測を容易に実行可能にする。

 Azure上で提供されている機械学習の機能と連携が可能な、最新版のDynamics 365において容易に蓄積されたデータを利用して分析できるようになる。予測分析モデル作成ツール「Machine Learning Studio」を使用してスクリプトを作成する必要がなくなる。

 月次受注、納期遅れ発生件数、受入不良件数、売掛金の各予測に対応している。

 具体的には、時間軸とそれに対応した数量や金額のデータを受け渡すと、ARIMA(自己回帰統合の移動平均)、ETS(指数平滑法モデル)、STL(季節的な傾向の分解)、ETS+ARIMA、ETS+STLの5種類の予測モデルのなかの適切な予測モデルの結果を自動で出力する。

 Power BIと連携し、予測の結果は実績データとともにグラフ表示が可能だ。時間軸とそれに対応した数量や金額のデータ取得については、容易に修正して搭載可能なサンプルを提供する。

関連キーワード

AI

関連記事

HOYAサービス、Dynamics 365のデータを活用した機械学習システムを提供HOYAサービスは2017年5月18日、Microsoft Dynamics 365のデータを活用した機械学習システムを提供すると発表した。Dynamics 365のデータを活用し、Microsoft Azureの機械学習機能を利用した予測を簡単に利用できるようにする。

PAGE TOP