[新製品・サービス]

クラウド型アプリケーションで迅速に車両の稼働状況を把握可能に―フレクトとPwC

2017年5月23日(火)IT Leaders編集部

Salesforceを中心としたソフトウェア開発などを手がけるフレクトは2017年5月22日、クラウド型コネクテッドカーアプリケーション「Cariot」を、PwCコンサルティングがグローバルロジスティクスの業務改善を可能にするシステムとして提供すると発表した。

 PwCコンサルティングは、ロジスティクス業務の改善を図る顧客企業へ、フレクトの車両管理アプリケーション「Cariot」を利用したシステムの構築を提案していく。

 Salesforce基盤と連携するCariotを営業・工事・搬送などの車両に装着し、様々な情報をインターネットへ送り出せるようにすることで、即時に稼働状況を把握できる体制を構築可能になる。

 PwCコンサルティングはCariotの導入計画の策定、データアナリティクスの実施、ロジスティクス業務の改善施策の立案・実行、関連する情報・業務システムの変更などを含めた全体デザインの支援を提供する。また、商社・物流・建設・製造業などの各業界に知見を持つコンサルタントが、ロジスティクス領域に限らずサプライチェーン全般における変革を戦略立案から実行まで支援する。

 Cariotは、速度・走行距離・燃費などの情報と、GPSセンサーで取得する位置情報をリアルタイムに専用サーバーに送信する。蓄積した情報を基に、配送ルートの最適化、到着時刻の予測、取引先への位置情報の共有などが可能になる。稼働状況レポートの作成やダッシュボード化、業務報告書の自動生成などの機能も用意している。車両に専用端末を装着することで利用できる。グローバル対応SIMを利用して、海外拠点も含めたデータの一元管理も実施可能だ。

関連記事

クラウド型アプリケーションで迅速に車両の稼働状況を把握可能に―フレクトとPwCSalesforceを中心としたソフトウェア開発などを手がけるフレクトは2017年5月22日、クラウド型コネクテッドカーアプリケーション「Cariot」を、PwCコンサルティングがグローバルロジスティクスの業務改善を可能にするシステムとして提供すると発表した。

PAGE TOP