[新製品・サービス]

ISIDとソニーCSLなど、AI技術による大規模データ解析サービスで経営の意思決定を支援

2017年5月31日(水)IT Leaders編集部

電通国際情報サービス(ISID)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、クウジットは提携し、ソニーCSLが開発したAI(人工知能)技術を使用した、大規模データ解析サービス「CALC」の提供を開始した。

 「CALC」は、大規模で多様な実データから高精度な因果モデルを推測し、現状を把握してビジネスの施策決定を支援する。従来の解析手法では推定が難しいデータ内関係因子の直接的な相関が明瞭になり、経営上の選択肢を明確化できる。

 ISIDによる解析ツールの販売と解析・コンサルティングサービスの提供、クウジットによるCALC教育プログラムの提供で構成されている。

 同サービスの技術は、ソニーグループのエレクトロニクス・金融・エンタテイメントなどの事業分野で、製造・設計・マーケティング・サービスなどの分析に適用し、有効性を実証している。その後、ISIDとソニーCSL、クウジットの3社で、製造業やサービス業などのユーザーの製造プロセス・マーケティング・サービスなどに試験適用してきた。

 各社の役割として、ISIDは顧客向け製品開発、営業推進、データ解析・コンサルティングサービス提供、ソニーCSLはアルゴリズム開発などの機能・性能向上のための研究開発、クウジットはCALCミドルウェア開発、データ解析・顧客向け教育プログラム提供を担当する。

関連記事

ISIDとソニーCSLなど、AI技術による大規模データ解析サービスで経営の意思決定を支援電通国際情報サービス(ISID)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、クウジットは提携し、ソニーCSLが開発したAI(人工知能)技術を使用した、大規模データ解析サービス「CALC」の提供を開始した。

PAGE TOP