[新製品・サービス]

Microsoft Azure日本リージョン、20TBメモリを利用可能なベアメタルサーバーサービスを提供へ

2017年6月2日(金)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

日本マイクロソフトは2017年6月1日、パブリッククラウド「Microsoft Azure」の日本市場向けIaaS(Infrastructure as a Service)サービスの拡張とパートナー企業との連携拡大を発表した。最大128コアCPU、3.8TBメモリを搭載する仮想マシン「Mシリーズ」と、最大960CPUスレッド、20TBメモリを搭載するベアメタルサーバーサービス「SAP HANA on Azure(Large Instances)」が2017年内に利用可能になる。

 今回のMicrosoft Azure日本リージョン(東日本・西日本)のサービス拡張は、2017年1月に提供開始された仮想マシン「Gシリーズ」(最大32コアCPU、0.5TBメモリ搭載)に続くもの。Gシリーズと同様、SAPのインメモリープラットフォーム「SAP HANA」およびERP「SAP Business Suite 4 SAP HANA(SAP S/4HANA)」をはじめとする基幹業務システム向けIaaSとして提供される(図1

図1:Microsoft AzureのIaaSラインアップ(出典:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

 最大128コアCPU、3.8TBメモリを搭載する仮想マシンのMシリーズは、大容量メモリと多数のCPUコアを要求する大規模基幹業務システムへの対応を謳う。通常の仮想マシンと同様、短時間でのプロビジョニングが行え、分単位の課金方式と合わせて、ユーザーに利用のしやすさがアピールされている。2017年12月末までに東日本、西日本の両リージョンで利用可能になる。

 一方、最大960CPUスレッド、20TBメモリをサポートするベアメタルサーバー(専用ハードウェア)サービスのSAP HANA on Azure(Large Instances)は、Microsoft Azureの基幹業務システム向けIaaSにおける最上位構成となる。SAP HANAプラットフォームでの利用に最適化されており、SAP HANA Enterprise Edition OLTPアプリケーション(SAP S/4HANA)のシングルノードで最大20TBの広大なメモリが利用可能になる。また、SAP HANA Enterprise Edition OLAPアプリケーション(SAP BW/4HANA)のマルチノードデプロイメントでは、最大60TBまでメモリのスケールアウトに対応する。

 オンプレミスからの移行を促すため、日本マイクロソフトはLarge Instancesサービスの高可用性(稼働率99.99%=4ナインを保証するSLAを提供)をアピールしている。Mシリーズと同様、2017年12月末までに両リージョンから提供開始の予定となっている。

 新サービスの発表に伴い、日本マイクロソフトは、SAP HANA on Azureの導入支援を行う国内SI/コンサルティングパートナーが14社になったことも発表した。Gシリーズ発表時は11社で、3社(日本ヒューレットパッカード、三井情報、PwCコンサルティング)が加わっている。

関連キーワード

Microsoft / Azure / SAP / IaaS

関連記事

Special

-PR-

Microsoft Azure日本リージョン、20TBメモリを利用可能なベアメタルサーバーサービスを提供へ日本マイクロソフトは2017年6月1日、パブリッククラウド「Microsoft Azure」の日本市場向けIaaS(Infrastructure as a Service)サービスの拡張とパートナー企業との連携拡大を発表した。最大128コアCPU、3.8TBメモリを搭載する仮想マシン「Mシリーズ」と、最大960CPUスレッド、20TBメモリを搭載するベアメタルサーバーサービス「SAP HANA on Azure(Large Instances)」が2017年内に利用可能になる。

PAGE TOP