[五味明子のLock on!& Rock on!]

日本のエンタープライズはAWSをこう使う!― レーベルゲートとヤンマーが語った"AWSの恩恵"

2017/05/31-06/02

2017年6月7日(水)五味 明子(ITジャーナリスト)

5/31 - 6/2の4日間に渡って東京・品川で開催されたAWSの年次カンファレンス「AWS Summit Tokyo 2017」は2万人という過去最高の登録来場者を記録し、大盛況のうちに幕を閉じた。現在、国内のAWS導入企業は約10万社と言われているが、数が増えたのはもちろんのこと、その質も非常に多様化している印象を受ける。今回はAWS Summit Tokyo 2017で聞いた2つの導入事例セッション - レーベルゲートとヤンマーによるユニークなAWS活用事例を紹介する。

AWSでなければできなかった ― Snowballで300テラバイトの音楽データを一度に移行したレーベルゲート

 2000年にソニー・ミュージックエンタテインメントが中核となってレコード会社の共同出資で設立されたレーベルゲートだが、2004年に世界初のレコード会社が運営する音楽配信サービス「mora」を立ち上げ、急速に知名度が高まった。AWSの利用を開始したのは2012年10月、コンシューマ向けサービス(配信サービス)の一部にAWSを使ったのが最初だった。

(写真1)レーベルゲートの久慈道晃史氏

 「以前から興味があったが、実際にAWSを使い始めると"これはすごい!"と実感。以来、2014年にはオンプレミスのサーバ購入を停止、2016年には仮想環境のAWS移行を開始し、2017年内にはAWSへの全面移行が完了する予定」とレーベルゲート 配信ビジネス部 ソリューション課 課長 久慈道晃史氏は語っている。

 レーベルゲートでは2017年4月現在、ストレージサービスの「Amazon S3」、高速コンテンツ配信サービスの「Amazon CloudFront」、マネージドデータベースの「Amazon RDS」などを主に活用している。稼働中のEC2インスタンスの数は100、導入したばかりの2012年10月は10インスタンスだったので、単純に考えれば5年で10倍の勢いでAWS活用が進んだことになる。製品管理システムからストアシステム、配信システム、さらにはアカウント管理サーバや決済サーバを含む基幹システムに至るまで、あらゆるところでAWSクラウドが活用されているという。

(写真2)レーベルゲートのAWS利用の規模の変化(2012年→2017年)。いずれのサービスも大幅に利用規模が拡大しているのがわかる
拡大画像表示
この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
五味明子のLock on!& Rock on!一覧へ
関連記事

日本のエンタープライズはAWSをこう使う!― レーベルゲートとヤンマーが語った"AWSの恩恵"5/31 - 6/2の4日間に渡って東京・品川で開催されたAWSの年次カンファレンス「AWS Summit Tokyo 2017」は2万人という過去最高の登録来場者を記録し、大盛況のうちに幕を閉じた。現在、国内のAWS導入企業は約10万社と言われているが、数が増えたのはもちろんのこと、その質も非常に多様化している印象を受ける。今回はAWS Summit Tokyo 2017で聞いた2つの導入事例セッション - レーベルゲートとヤンマーによるユニークなAWS活用事例を紹介する。

PAGE TOP