CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[インタビュー]

データ駆動経営に必要なアナリティクス・プラットフォームの姿とは?

2017年6月8日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

デジタル時代において最重要視する必要のあるITの要素の1つがデータである。では、その蓄積と管理、分析を担うシステム(プラットフォーム)はどうあるべきなのか?来日した米ガートナーのアナリストに聞いた。

 2016年10月に「企業が最優先で取り組むべき『デジタルビジネス・アーキテクチャー』とは何か?」という記事を掲載した。その中で、企業情報システムは図1に示した5つの要素から構成されるという考え方を示した。

(図1)図1 デジタルビジネス・プラットフォームの全体像。中心に、データ・アナリティクス/プラットフォームが位置する(出展:ガートナー)
拡大画像表示

 列挙すると、①バックオフィスなど既存の業務システム群である「Information Systems Platform」、②外部向けのWebサイトやSNSの「Customer Experience Platform」、③物理的な資産やモノを対象にした「IoT Platform」、④API連携で外部の企業やマーケットプレイスとつながる「Ecosystems Platform」、そして⑤すべてのプラットフォームに広がる「Data and Analytics Platform」、である。

 中でも重要なのが⑤Data and Analytics Platform(以下DAPと略す)だろう。①~④のハブに位置しており、業種を問わずどんな企業にも必要。なによりもデータを収集・管理し分析する"司令塔"の役割を担う。いわゆる"データ駆動経営(Data Driven Business)"に欠かせないピースでもある。

 しかしDAPの位置づけは理解できるにしても、DAPがどんなソフトウェアやツールから構成されるのか、どう構築するのかは必ずしも分かりやすくはない。どんな仕組みや機能が必要で、どう構築するといいのか?米Gartnerでアナリティクス領域を担当するカート・シュレーゲル氏(Kurt Schlegel:リサーチ バイス プレジデント)に、この点を聞いた。


ーーData and Analytics Platform(DAP)は具体的にはどんな構成なのでしょう。最近、注目を集めている「データレイク」のことと考えればいいのでしょうか?

 過去20年間を考えると、構造化データを蓄積・分析するデータウェアハウス(DWH)がその役割を担ってきました。様々な情報システムからデータを集めて一元化し、分析するためのプラットフォームです。しかしDWHは構造化されたデータ向け。今日のテキストや画像、音声といった非構造データを含めて様々なデータを扱うには不十分です。

 この点で、確かにデータレイクは有効な解です。Hadoopや(インメモリー処理の)Sparkのようなソフトウェアを使って種類を問わず、ビッグデータを扱えますからね。しかし、これも(DWHと同様に)DAPの重要な要素の1つですが十分ではありません。データの読み出しは得意ですが、書き込みはそうではない。それにDAPではデータを1ヵ所に集めるだけでなく、様々なシステムに散在するデータをコネクトして、必要に応じて分析できるようなことが必要だからです。データの置かれているロケーションはそのままに必要に応じてデータをつなぐ、"データ仮想化"の仕組みもDAPには欠かせないのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】顧客体験のパーソナル化とは
  • 1
  • 2
関連記事

データ駆動経営に必要なアナリティクス・プラットフォームの姿とは?デジタル時代において最重要視する必要のあるITの要素の1つがデータである。では、その蓄積と管理、分析を担うシステム(プラットフォーム)はどうあるべきなのか?来日した米ガートナーのアナリストに聞いた。

PAGE TOP