[新製品・サービス]

ヴイエムウェア、SDDCやクラウドの運用の向上を図れるクラウド管理基盤の最新版を発表

2017年6月8日(木)IT Leaders編集部

ヴイエムウェアは2017年6月7日、クラウド管理基盤「VMware vRealize」の最新版を発表した。SDDC(Software-Defined Data Center)やクラウドの運用の向上を図れるとともに、ハイブリッドクラウド環境全体にわたってアプリケーションとインフラサービスの提供を高速化できる。

 「VMware vRealize」の最新版は、高度かつインテリジェントな運用管理とITの自動化の機能により、VMwareベースのクラウド環境を簡単に立ち上げ、運用することを可能にする。コンテナや構成管理ソリューションへの対応も強化しており、アプリケーションを開発テストから本番運用へとスムーズに移行可能だ。

 同製品には、管理製品群の最新版としてVMware vRealize Operations 6.6、同Automation 7.3、同Business for Cloud 7.3、同Log Insight 4.5、同 Network Insight 3.4を含んでいる。

 これらが、ハイブリッドクラウド環境全体でコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、アプリケーション サービス向けの大規模な管理とプロビジョニングを可能にする。SDDC(Software-Defined Data Center)やマルチクラウド環境向けの包括的な管理機能によって、インテリジェントな運用管理、ITの自動化、DevOps(開発と運用の融合)に適応したIT環境を構築できる。

 VMware vRealize Automation 7.3とNetwork Insight 3.4はすでに提供を開始している。Operations 6.6、Business for Cloud 7.3、Log Insight 4.5は、2018年会計年度第2四半期中(2017年8月4日まで)に提供を開始する予定だ。

 Network Insight 3.4では、「Advanced」または「Enterprise」の2種類のエディションを用意している。市場想定価格は、CPU当たり15万6000円(税別)からになる。

関連記事

ヴイエムウェア、SDDCやクラウドの運用の向上を図れるクラウド管理基盤の最新版を発表ヴイエムウェアは2017年6月7日、クラウド管理基盤「VMware vRealize」の最新版を発表した。SDDC(Software-Defined Data Center)やクラウドの運用の向上を図れるとともに、ハイブリッドクラウド環境全体にわたってアプリケーションとインフラサービスの提供を高速化できる。

PAGE TOP