[新製品・サービス]

グローバル展開向け機能等を強化した製造業向けクラウドERPの最新版を提供─インフォア

2017年6月12日(月)IT Leaders編集部

インフォアジャパンは、製造業向けSaaS型ERP「Infor CloudSuite Industrial」の最新版の日本での提供を開始した。グローバル展開する製造業向け機能や拡張性、ユーザーエクスペリエンスを強化した。

 「Infor CloudSuite Industrial」は、製造業向けの業務アプリケーションと生産管理機能を統合したクラウドサービス。最新版では、グローバル展開する製造業向け機能の強化や、最新のインフォアのテクノロジー基盤への対応などを行い、専門性を向上させた。柔軟にパーソナライズ可能なレスポンシブデザインのユーザーインターフェースも提供する。

 具体的には、得意先・仕入先のグローバルオペレーションに対応する多通貨処理機能を強化し、同一取引先に対する複数通貨建取引、別通貨での決済機能など、複雑な通貨換算要件に対応した。

 設備の使用効率(OEE:総合設備効率)の評価に対応すべく、生産スケジューリング画面上での機械設備の稼働状況を考慮した製造オーダーの割り当てや、当該製造オーダーで実際に使用した機械設備のトラッキング・可視化ができるように、レポート機能を強化した。

 インフォアの最新テクノロジー基盤である「Infor Xi」にも対応した。個人や職務ごとにパーソナライズしたWebサイト設定やソーシャルコラボレーションが可能な「Infor Ming.le」、XMLドキュメントによるシステム間連携やワークフロー設定が可能な「Infor ION」、事前定義したデータ分析環境を提供する「Infor BI」、各種ドキュメントを集中管理しマスターやトランザクションへの自動割当とインコンテキスト表示が可能な「Infor IDM」などと連携できるようになった。

 Infor CloudSuite Industrialは、AWS(Amazon Web Services)上で展開し、IT初期投資を削減できるサブスクリプションモデルで提供する。IT支出を抑えつつ、サプライヤーから顧客までの関係者におけるシステム全体の透明性を高め、サプライチェーンの可視化を図れる。

関連記事

Special

-PR-

グローバル展開向け機能等を強化した製造業向けクラウドERPの最新版を提供─インフォアインフォアジャパンは、製造業向けSaaS型ERP「Infor CloudSuite Industrial」の最新版の日本での提供を開始した。グローバル展開する製造業向け機能や拡張性、ユーザーエクスペリエンスを強化した。

PAGE TOP