[新製品・サービス]

NECと日本マイクロソフト、Azureのサービスを拡充しクラウド領域での戦略協業を強化

2017年6月16日(金)IT Leaders編集部

NECと日本マイクロソフトは2017年6月15日、「Microsoft Azure」を中心にクラウド領域における戦略協業を強化すると発表した。Azureのサービスを拡充しクラウドビジネスを支援する。

 NECと日本マイクロソフトが策定した「Azure提案育成プログラム」により、NECの営業およびSEをAzure人材へと育成する。1500人規模のAzure販売体制を確立し、100人規模のAzure構築の技術体制「Microsoft Cloud Solution Center」を新設する。IoT(Internet of Things)領域などにおけるNECの業種業務ノウハウと日本マイクロソフトのクラウド基盤を融合したAzureサービスを拡充し、共同提案と導入案件の事例化といった共同マーケティングも実施する。

 そのほかに、販売および構築体制の強化については、日本マイクロソフトの「Premierサポート」を拡大し、Azure専門エンジニアとの共同サポートチームをNEC内に設置する。

 サービスの拡充については、NECが持つIoT領域やセキュリティ領域をはじめとした様々な業種業務パッケージをクラウドに対応させ、サービスの提供を2017年8月から順次開始する。グローバル事業展開を支援する「Azure導入サポートメニュー」も提供して、Azure導入の検討初期段階からサポートが可能だ。

 NECは、マイクロソフト関連のクラウドビジネス領域で、今後3年間で約2000億円の売上を目標にする。

関連記事

NECと日本マイクロソフト、Azureのサービスを拡充しクラウド領域での戦略協業を強化NECと日本マイクロソフトは2017年6月15日、「Microsoft Azure」を中心にクラウド領域における戦略協業を強化すると発表した。Azureのサービスを拡充しクラウドビジネスを支援する。

PAGE TOP